仏も昔は凡夫なり

【漢字】仏も昔は凡夫なり【読み】ほとけもむかしはぼんぷなり【意味】【例文】 仏も昔は凡夫なりをテーマにした記事 「仏も昔は凡夫なり」の意味・語源 「仏も昔は凡夫なり」仏教の祖・ブッダもかつてはごく普通の人間だった、という意味です。 この言葉は…

本末転倒

【漢字】本末転倒【読み】ほんまつてんとう【意味】重要な事とそうでない事を取り間違える。【例文1】アルバイトばかりして学業がおろそかになっては本末転倒だ。【例文2】思考に時間がかかり過ぎて作業が遅れては本末転倒だ。【例文3】丁寧すぎるのもい…

盆と正月が一緒に来たよう

【漢字】盆と正月が一緒に来たよう【読み】ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう【意味】盆と正月は家族全員が集まって賑やかな様子から、嬉しい事や楽しいことが重なることをいう。【例文1】長男が帰省して娘も里帰り出産で盆と正月が一緒に来たようで嬉…

本腰を入れる

【漢字】本腰を入れる【読み】ほんごしをいれる【意味】真剣になって取り組む。【例文1】本腰を入れて受験勉強に取り組む。【例文2】30過ぎて本腰を入れて婚活する。【例文3】本腰を入れて就活する。 本腰を入れるをテーマにした記事 日本の少子化対策…

ぼろが出る

【漢字】ぼろが出る【読み】ぼろがでる【意味】隠していた事がバレる。【例文1】嘘が次から次へとぼろが出る。【例文2】嘘に嘘を重ね、ついにぼろが出る。【例文3】問い詰められてぼろが出る。 ぼろが出るをテーマにした記事 焦って慌てる程にぼろが出る …

蒲柳の質

【漢字】蒲柳の質【読み】ほりゅうのしつ【意味】病気にかかりやすい体質。【例文1】子どもの頃は蒲柳の質だったが、食事で体質改善された。【例文2】蒲柳の質で会社を休みがちになる。【例文3】蒲柳の質は遺伝だ。 蒲柳の質をテーマにした記事 蒲柳の質…

ほらを吹く

【漢字】ほらを吹く【読み】ほらをふく【意味】ホラ貝は見た目以上に大きな音が出ることから大袈裟に言う。嘘を付く。【例文1】ほらを吹いてばっかりなので、どの話も信じない。【例文2】良い所を見せたくてほらを吹く。【例文3】女性の前でほらを吹く。 …

洞が峠を決め込む

【漢字】洞が峠を決め込む【読み】ほらがとげをきめこむ【意味】両者を見比べて有利な方につく。【例文1】2社からスカウトがきたので、洞が峠を決め込む。【例文2】洞が峠を決め込んで職に就く。【例文3】条件次第で洞が峠を決め込む。 洞が峠を決め込む…

骨を折る

【漢字】骨を折る【読み】ほねをおる【意味】苦労を苦労とも思わない。人のために世話をする。【例文1】母は長年、骨を折って家族の世話をしている。【例文2】子育ては大変だが、骨を折る。【例文3】家族のために骨を折る。 骨を折るをテーマにした記事 …

骨を埋める

【漢字】骨を埋める【読み】ほねをうめる【意味】そこに一生を捧げる。そこで一生を終える。【例文1】骨を埋める覚悟で移住した。【例文2】骨を埋める想いで職に就く。【例文3】骨を埋める決心がついた。 骨を埋めるをテーマにした記事 今の仕事に骨を埋…

骨身を削る

【漢字】骨身を削る【読み】ほねみをけずる【意味】一生懸命努力する。【例文1】受験勉強で骨身を削る。【例文2】骨身を削って努力した結果、合格する事が出来た。【例文3】骨身を削って育ててくれた両親を温泉旅行に連れて行く。 骨身を削るをテーマにし…

骨身を惜しまず

【漢字】骨身を惜しまず【読み】ほねみをおしまず【意味】苦労や面倒を嫌がらず、一生懸命になる。【例文1】家族のためなら骨身を惜しまず。【例文2】骨身を惜しまず働いてくれた親を温泉に連れて行く。【例文3】30を過ぎて婚活に骨身を惜しまず。 骨身…

骨身にこたえる

【漢字】骨身にこたえる【読み】ほねみこたえる【意味】骨までしみるように強く感じる。痛感する。【例文1】独り身は病気になると骨身にこたえるんだよな~。【例文2】クリスマスシーズンになると独り身は骨身にこたえる。【例文3】徹夜の作業は骨身にこ…

骨抜きにする

【漢字】骨抜きにする【読み】ほねぬきにする【意味】肝心なものを抜き取る。魅惑する。【例文1】男を骨抜きにする裏技を駆使する。【例文2】彼氏を夢中にさせて骨抜きにする。【例文3】骨抜きにするテクを磨く。 骨抜きにするをテーマにした記事 女性を…

骨が折れる

【漢字】骨が折れる【読み】ほねがおれる【意味】非常に苦労する。【例文1】犬小屋を作った。骨が折れる作業だったが、なかなかの上出来だ。【例文2】営業回りは骨が折れる。【例文3】接客業は骨が折れる。 骨が折れるをテーマにした記事 骨が折れるとい…

骨折り損のくたびれ儲け

【漢字】骨折り損のくたびれ儲け【読み】ほねおりぞんのくたびれもうけ【意味】努力の甲斐もなく疲れただけが残り効果がない。【例文1】ダイエットにと毎日ジョギングをしているが、骨折り損のくたびれ儲け。【例文2】あちこち探し回ったが、どこも売り切…

仏の顔も三度

【漢字】仏の顔も三度【読み】ほとけのかおもさんど【意味】仏様のような穏やかな人でも何度も無礼な事をされれば怒り出す。【例文1】あの優しいお母さんが怒るなんて仏の顔も三度までだね。【例文2】温厚な人でもさすがに毎回約束破れば仏の顔も三度だ。…

仏作って魂入れず

【漢字】仏作って魂入れず【読み】ほとけつくってたましいいれず【意味】一番肝心なものが抜け落ちては意味がない。【例文1】検査だけ受けても治療をしなければ、仏作って魂入れずだ。【例文2】仕上げのコーティングがなければ仏作って魂入れずだ。【例文…

ほぞを噛む

【漢字】ほぞを噛む【読み】ほぞをかむ【意味】ほぞとはへそのこと。へそを噛むことはできない動作から、どうにもならなくて悔やむ様子。【例文1】想いを伝えきれないまま引っ越してほぞを噛む。【例文2】友人とケンカ別れしてほぞを噛む。【例文3】あの…

矛先を向ける

【漢字】矛先を向ける【読み】ほこさきをむける【意味】攻撃の標的になる。【例文1】社員に怒りの矛先を向ける。【例文2】理不尽な事で矛先を向けるのは筋違い。【例文3】弱者に矛先を向ける。 矛先を向けるをテーマにした記事 下っ端に怒りの矛先を向ける…

墓穴を掘る

【漢字】墓穴を掘る【読み】ぼけつをほる【意味】自分が破滅する原因を自ら作る。【例文1】口が滑って墓穴を掘る。【例文2】作文の出来がいつもより上出来で引用がバレて墓穴を掘る。【例文3】使い込みの穴埋めに借金して墓穴を掘る。 墓穴を掘るをテーマ…

墨守

【漢字】墨守【読み】ぼくしゅ【意味】自分の意思を譲らず、習慣も頑なに変えないこと。【例文1】彼は墨守だから、何言っても話が進まない。【例文2】墨守は頑固で扱いづらい。【例文3】墨守で人生失敗する。 墨守をテーマにした記事 墨守的な人どおしぶ…

頬が落ちる

【漢字】頬が落ちる【読み】ほおがおちる【意味】非常に美味しい物を食べた時に出る言葉。【例文1】頬が落ちるくらい柔らかな肉を家族で食べに行った。【例文2】頬が落ちるほどの甘いスィーツだ。【例文3】とろけるステーキを食べて頬が落ちる。 頬が落ち…

吠える犬は噛み付かぬ

【漢字】吠える犬は噛み付かぬ【読み】ほえるいぬはかみつかぬ【意味】噛み付く勇気のない犬ほど吠えることから、威勢のいい者に限って実力がない。【例文1】奴は体が大きく威張っているけど、吠える犬は噛み付かぬで大したことない。【例文2】先輩は親の…

亡羊の嘆

【漢字】亡羊の嘆【読み】ぼうようのたん【意味】逃亡した羊を追いかけて、分かれ道で見失って嘆くことから、学問の道が多すぎて迷うこと。【例文1】選択肢が広く亡羊の嘆だ。【例文2】県内進学か県外進学か亡羊の嘆だ。【例文3】亡羊の嘆だったが、自分…

棒ほど願って針ほど叶う

【漢字】棒ほど願って針ほど叶う【読み】ぼうほどねがってはりほどかなう【意味】棒ほど大きな願いがあっても、針ほどの小さい願いしか叶わないことから、望みがなかなか叶わない時に使う言葉。【例文1】会社を大きくしたい野望があるが、維持していくのが…

ほうほうの体

【漢字】ほうほうの体【読み】ほうほうのてい【意味】散々な目に遭ったり、恥ずかしい思いをして慌てて逃げ出そうとする様子。【例文1】大勢の前で、自転車で転んでしまい、ほうほうの体だ。【例文2】痴話げんかがヒートアップして周囲から見られほうほう…

抱腹絶倒

【漢字】抱腹絶倒【読み】ほうふくぜっとう【意味】腹を抱えてひっくり返るほど大笑いする様子。【例文1】最近のお笑い番組は抱腹絶倒が多くて飽きない。【例文2】芸人の漫談話しに抱腹絶倒する。【例文3】抱腹絶倒のネタを考える。 抱腹絶倒をテーマにし…

忘年の交わり

【漢字】忘年の交わり【読み】ぼうねんのまじわり【意味】年の差関係なく親しい交際がある仲。【例文1】子ども会で知り合ったママ友とは10年来の忘年の交わりだ。【例文2】小学校の保護者会で知り合った人達と忘年の交わりになる。【例文3】アパートの…

棒に振る

【漢字】棒に振る【読み】ぼうにふる【意味】これまで築いてきた努力、地位、名誉全てを失うさま。【例文1】会社のお金を横領をして人生棒に振る。【例文2】たった一度のスキャンダル報道で女優としての人生を棒に振る。【例文3】引きこもりになり青春時…