洞が峠を決め込む

【漢字】洞が峠を決め込む
【読み】ほらがとげをきめこむ
【意味】両者を見比べて有利な方につく。
【例文1】2社からスカウトがきたので、洞が峠を決め込む。
【例文2】洞が峠を決め込んで職に就く。
【例文3】条件次第で洞が峠を決め込む。

洞が峠を決め込むをテーマにした記事

「洞が峠を決め込む」は史実誤認の濡れぎぬ?

使用頻度はあまり多いとは言えませんが、「洞が峠を決め込む」という言葉があります。「洞ヶ峠」は「ほらがとうげ」と読みますが、ちょっとおもしろい語感の言葉ではないでしょうか。
これ、うまい使い方をすると、人から「教養がある」と思われるかもしれません。
洞ヶ峠というのは、京都と大阪の府境に実在する峠です。なんとなく、「歴史に関係ありそう」というイメージを持つ人も多いでしょう。そのとおり、これは有名な日本史の出来事にもとづいてつくられた言葉なのです。
舞台は、天正年間の「山崎の戦い」。本能寺の変の後、信長を討った明智光秀と、信長の家臣羽柴秀吉が、当時の山城の国の山崎でぶつかり合いました。その時、双方から「加勢してほしい」と頼まれたのが、筒井順慶。大和の国の大名です。
筒井順慶は、光秀の加勢をすべく、合戦の地、山崎の南に位置する洞ヶ峠まで兵を進めたものの、そこで躊躇し、「やっぱりやめた」とばかり、兵を引き上げてしまった、どちらつかずの判断をしたというところから、「洞ヶ峠を決め込む」という言葉ができたと言われています。
その意味はすなわち、「日和見する」ということになります。
しかし、史実によれば、筒井順慶は洞ヶ峠には行っていないというのです。洞ヶ峠に行くことなく、自らの意思で中立を保つべく、大和へ兵を引き上げたというのが史実とされています。
つまり、「筒井順慶は洞ヶ峠を決め込んでいない」ということになるでしょう。

」で始まる言葉一覧

2559.仏も昔は凡夫なり 1298.本末転倒 1208.ぼろが出る 1238.本腰を入れる 1268.盆と正月が一緒に来たよう 1115.洞が峠を決め込む 1147.ほらを吹く 1178.蒲柳の質 916.骨抜きにする 1017.骨身を削る 984.骨身を惜しまず 1050.骨を埋める 950.骨身にこたえる 1083.骨を折る 809.仏の顔も三度 697.矛先を向ける 736.ほぞを噛む 658.墓穴を掘る 620.墨守 773.仏作って魂入れず 881.骨が折れる 845.骨折り損のくたびれ儲け 458.棒ほど願って針ほど叶う 205.茫然自失 249.忙中閑あり 581.頬が落ちる 292.棒に振る 541.吠える犬は噛み付かぬ 335.忘年の交わり 500.亡羊の嘆 375.抱腹絶倒 418.ほうほうの体 161.坊主憎けりゃ袈裟まで憎い 73.判官びいき 29.暴飲暴食 117.傍若無人