目に余る

【漢字】目に余る
【読み】めにあまる
【意味】あまりにもひどくて見てられない様子。
【例文1】彼の言動はいつも目に余る。
【例文2】マナーの悪さが目に余る。
【例文3】道端のゴミの多さは目に余る。

目に余るをテーマにした記事

 

乗客のマナーの悪さは目に余る

毎朝電車で通勤しています。
電車にはいろんな人がいて信じられない行動をする人もたくさんいます。
よく叩かれているメイクをしている人、それより気になるのが朝ごはんを食べる人、ムダ毛処理をしている人、そこら辺に座る人、当たった当たらないで揉めている人、通話してしまう人、大きな雑誌を広げて読む人・・・本当にいろんな人がいてそのマナーの悪さは目に余るものがあります。
上京して驚いたことなのですが、どこにでもいつも人が多くいすぎて麻痺しているのか、人前で鼻を咬む人の多さです。個人的には電車でメイクと同じくらい恥ずかしいことだと思っています。人前で鼻を咬むなんてちょっと信じられません。
それから、パーソナルスペースの狭さにも驚かされます。
電車が混んでいる時には仕方がないのですが、さほど混んでいなくてもかなり近くに向かい合って立って来られる方が多くいて戸惑います。
せめて向こうを向いてくれないかな、向こう側には誰もいないからもう少し後ろに下がってくれないかな、と思うことが多くあります。こういう一見マナーとはまた別の話のようなことにも嗜みがあるように感じます。
混んでいる時に足を踏んだりぶつかるのも当たり前のような風潮になっていて、その点も目に余ります。
混んでいても足を踏んでしまったりぶつかってしまったら一言謝れる人でありたいです。

」で始まる言葉一覧

2545.明鏡も裏を照らさず 2320.目を養う 2312.目をむく 2263.芽を吹く 2288.目を丸くする 2209.目をつり上げる 2360.面目を失う 2304.目を見張る 2352.面目次第もない 2335.面倒を見る 2227.目を盗む 2245.目を光らす 2375.面目躍如 2254.目を引く 2368.面目を施す 2389.目八分 2382.迷宮入り 2344.面と向かって 2218.目を通す 2280.目を細める 2236.目を離す 2272.目を伏せる 2296.目を回す 2328.面従腹背 2097.目を凝らす 2013.目を奪う 2050.目を掛ける 2026.目を覆う 2146.目を据える 2062.目をかすめる 2110.目を皿のようにする 2169.目を背ける 2122.目を三角にする 2200.目をつぶる 2191.目を付ける 2134.目を白黒させる 2074.目を配る 2038.目を落とす 2086.目をくらます 2158.目を注ぐ 2180.目をそらす 2000.目を疑う 1865.目の毒 1971.目も当てられない 1941.目鼻が付く 1842.目の付け所 1809.目の黒いうち 1926.目は口ほどに物を言う 1956.目星を付ける 1888.目の保養 1908.目の前が真っ暗になる 1986.目もくれない 1792.目の敵にする 1774.目の上のこぶ 1702.目にも留まらぬ 1756.目の色を変える 1738.目に物見せる 1720.目に物言わす 1413.めどが付く 1439.目と鼻の先 1465.目に余る 1489.目に入れても痛くない 1621.目に入る 1684.目に見えて 1642.目には目を、歯には歯を 1600.目には青葉山ほととぎす初がつお 1558.目に付く 1513.目に浮かぶ 1579.目に留まる 1536.目に角を立てる 1663.目に触れる 1359.めっきがはげる 1331.目玉が飛び出る 1272.目白押し 1242.目先を変える 1386.滅相もない 1212.目先が利く 1302.メスを入れる 1119.目から火が出る 1182.目くそ鼻くそを笑う 1151.目くじらを立てる 920.目がない 1021.目が回る 988.目が早い 1054.目から鱗が落ちる 1087.目から鼻へ抜ける 954.眼鏡にかなう 813.目が出る 740.目が据わる 701.目頭が熱くなる 662.目が覚める 614.寝覚めが悪い 777.目が高い 885.目が届く 849.芽が出る 209.冥途の土産 462.目が潤む 422.目が合う 585.目が肥える 296.明眸皓歯 545.目が眩む 253.名物にうまい物なし 339.明明白白 504.目が利く 379.迷惑千万 165.名状しがたい 77.明鏡止水 121. 33.明暗を分ける