「明暗を分ける」とは、勝ち負けや成否、良し悪しなどがはっきり決まるという意味の慣用句

「明暗を分ける」とは、勝ち負けや成否、良し悪しなどがはっきり決まるという意味の慣用句です。物事の明確な分岐点を表し、重大な結果をもたらす出来事を表現します。

例文

  • 二人の戦いは、一進一退の攻防の末、明暗を分ける一撃で決着した。
  • 新製品の発売は、会社の明暗を分ける重要な勝負となるだろう。
  • 今回の選挙は、国の将来を明暗を分ける重要な選択となる。

類義語

  • 決着をつける
  • 勝敗を決める
  • 運命を分ける
  • 歴史を分ける
  • ターニングポイント

対義語

  • 白黒つけない
  • 中途半端
  • どっちつかず
  • 五分五分
  • 曖昧

使い方

  • 「明暗を分ける」は、勝負事 や重要な選択 など、結果が大きく異なる 状況に対して使います。
  • 主に重大な出来事 を表す時に使われますが、皮肉として使うこともできます。
  • 同じ意味の慣用句に「決着をつける」「勝敗を決める」などがあります。

補足

「明暗を分ける」の由来は、明と暗が明確に分かれている 様子から来ています。明は、勝利 や成功、良い結果 を表し、暗は、敗北 や失敗、悪い結果 を表します。

現代社会 では、様々な競争 が存在し、結果が大きく異なる 状況も少なくありません。

「明暗を分ける」 は、そのような状況の中で、成功を収める ためには、明確な目標 を設定し、全力で努力 することが必要であることを教えてくれる、大切な言葉です。

日常生活の中で、この言葉を意識することで、目標達成に向けて、より積極的に行動 することができるでしょう。

参考URL:
明暗を分ける(めいあんをわける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書