眼鏡にかなう

【漢字】眼鏡にかなう
【読み】めがねにかなう
【意味】目上の人に評価される。
【例文1】新人ながら、戦力になるので上司の眼鏡にかなう。
【例文2】英話が話せる彼女はフロント業務に眼鏡にかなって配属される。
【例文3】テキパキと作業をこなし眼鏡にかなう。

眼鏡にかなうをテーマにした記事

豊臣秀吉織田信長の眼鏡にかなう瞬間

「眼鏡にかなう」とは目上の人に認められ気に入られることです。「眼鏡にかなう」ことで大出世した有名人のひとりが豊臣秀吉です。彼は貧しい農民の子どもだったと言われています。戦国時代は農民とはいえ、ひとたび戦になれば兵として駆り出されていましたから、兵として出世することを願っていたことは予想できます。秀吉はまだ木下藤吉郎という名前を名乗っていた17歳のころに、縁あって織田信長に仕えることになります。藤吉郎は草履取りといって、信長の下足番をしていた時に、雪のちらつく寒い冬のある日、出かけようとした信長の足元に、自分の懐に入れて温めておいた草履をさっと出して、草履が温かいことに気が付いた信長は彼の気働きを大いに誉め、その後重用するようになります。藤吉郎が信長の「眼鏡にかなった」瞬間でした。その後も彼は、清洲城の普請奉行、台所奉行などの面倒な仕事を自分から引き受け成果を挙げ、織田家の中で存在感を示していきます。人たらしと評されるほど、人心を掴み取り入るのが上手であった彼は豊臣秀吉と名前を替えてからも、着実に出世していきます。そして、信長が本能寺の変明智光秀により絶命した時には、すぐさま弔い合戦に打って出て、明智を倒し、天下の覇者として君臨することになるのです。その後の栄華も、あの日、あの瞬間がなければあり得なかったのかもしれません。

」で始まる言葉一覧

2545.明鏡も裏を照らさず 2320.目を養う 2312.目をむく 2263.芽を吹く 2288.目を丸くする 2209.目をつり上げる 2360.面目を失う 2304.目を見張る 2352.面目次第もない 2335.面倒を見る 2227.目を盗む 2245.目を光らす 2375.面目躍如 2254.目を引く 2368.面目を施す 2389.目八分 2382.迷宮入り 2344.面と向かって 2218.目を通す 2280.目を細める 2236.目を離す 2272.目を伏せる 2296.目を回す 2328.面従腹背 2097.目を凝らす 2013.目を奪う 2050.目を掛ける 2026.目を覆う 2146.目を据える 2062.目をかすめる 2110.目を皿のようにする 2169.目を背ける 2122.目を三角にする 2200.目をつぶる 2191.目を付ける 2134.目を白黒させる 2074.目を配る 2038.目を落とす 2086.目をくらます 2158.目を注ぐ 2180.目をそらす 2000.目を疑う 1865.目の毒 1971.目も当てられない 1941.目鼻が付く 1842.目の付け所 1809.目の黒いうち 1926.目は口ほどに物を言う 1956.目星を付ける 1888.目の保養 1908.目の前が真っ暗になる 1986.目もくれない 1792.目の敵にする 1774.目の上のこぶ 1702.目にも留まらぬ 1756.目の色を変える 1738.目に物見せる 1720.目に物言わす 1413.めどが付く 1439.目と鼻の先 1465.目に余る 1489.目に入れても痛くない 1621.目に入る 1684.目に見えて 1642.目には目を、歯には歯を 1600.目には青葉山ほととぎす初がつお 1558.目に付く 1513.目に浮かぶ 1579.目に留まる 1536.目に角を立てる 1663.目に触れる 1359.めっきがはげる 1331.目玉が飛び出る 1272.目白押し 1242.目先を変える 1386.滅相もない 1212.目先が利く 1302.メスを入れる 1119.目から火が出る 1182.目くそ鼻くそを笑う 1151.目くじらを立てる 920.目がない 1021.目が回る 988.目が早い 1054.目から鱗が落ちる 1087.目から鼻へ抜ける 954.眼鏡にかなう 813.目が出る 740.目が据わる 701.目頭が熱くなる 662.目が覚める 614.寝覚めが悪い 777.目が高い 885.目が届く 849.芽が出る 209.冥途の土産 462.目が潤む 422.目が合う 585.目が肥える 296.明眸皓歯 545.目が眩む 253.名物にうまい物なし 339.明明白白 504.目が利く 379.迷惑千万 165.名状しがたい 77.明鏡止水 121. 33.明暗を分ける