癇に障る

【漢字】癇に障る
【読み】かんにさわる
【意味】気に入らない。苛立たせる。
【例文1】あの言い方が癇に障る。
【例文2】嫌味で癇に障る。

癇に障るをテーマにした記事

更年期になり癇に障る物が増えました。

もともと短気なところがあり、かっとなりやすいタイプではありましたが、温和な夫と結婚してからは、あの頃の私を知る人は驚くくらい丸くなっていた私。ところが、高齢出産で息子を出産してから、息子のイヤイヤ期の頃に、どうも更年期に入ったらしく、とにかくイライラしたり声を荒げる場面が増えてしまいました。息子にはあたらないようにと気をつけていたので、逆に他の人にあたってしまう事が多く、一番の被害者は夫。次に買い物に行った先での店員さんとか、電車の中や色んな場面で見かけるマナーの悪い人たち。そのうち息子のイヤイヤ期も終わり、落ち着いて幼稚園に通うようになったのに、私のイライラは増すばかりで、色んな事が癇に障って仕方がないのです。ちょうどその頃から今現在まで、ターゲットとなっているのは姑です。前から気は合わない部分が多かったのですが、今はやる事なす事、とにかく癇に障るので、電話にも出たくないし、遊びにも行きたくない、そんな状態です。姑が癇に障る事を言うのが増えたのか、私の更年期障害が進んだのか?答えはないままですが、このままでは大爆発、大衝突が起きてしまいそうと察知している夫から、あまり関わらなくて良いからというお墨付きをもらって今のところは安心しています。これってある程度からおさまるのなら良いのですが、ちょっと不安です。

癇に障りやすい人には気を付ける

「癇に障る」という意味は、今でいう「イラッと来る」という言葉に近いかもしれません。
絵で表すとしたら、こめかみにイライラマークが突然付いてしまうような状態です。

世の中には癇に障りやすい人というのがいます。
ちょっとしたことですぐにカッとなって、怒り出す人もその類かもしれません。

また、自分が気にしていることを相手に言われても、癇に障ってしまいます。
子供で言うならば、今勉強しようと思っていた矢先に、親から「遊んでばかりいないで勉強しなさい」と言われたら、癇に障ると思います。

大人になればその辺のあしらい方も分かっていて、心の中ではムッとしても、表面上は上手くかわしていけるのかもしれません。
しかし、大人でもそれができない人もいます。

神経質なのか、沸点が高いのか、ちょっとしたことですぐに癇に障るだけではなく、それを周りの人にぶつけてきます。
本人はそれで自分がスッキリしているのかもしれません。

また、怒鳴り付けることで自分の中に溜まっていた欝憤を晴らしているのかもしれません。
そのような大人、特に男性の高齢者をたまに見かけることがあります。

そのような人は人相にも出ていて、怒っていなくても、ちょっとした刺激を加えれば、すぐにでもカッとなって今にも怒り出しそうな雰囲気です。
そのような人を見かけたら、なるべき近づかないように気をつけています。

癇に障るからこそ優しくできる

色々と人付き合いをしていると、どうしても癇に障る相手が出てきてしまうものです。そういう相手に出会ってしまうのは煩わしいと感じる反面、それは避けようのない事象なのかもしれないとも思います。というのも人は一人一人顔が違うように、性格や考え方も一人一人違うからです。だから自分とそりが合わない相手がいたり、自分の癇に障るようなことを言ってくる相手がいたとしても、それは仕方ないのかもしれません。

きっとどんな人であれ、意識的であっても無意識であっても、誰かを傷つけてしまうような言動をとってしまったことがあるのではないでしょうか。傷ついてしまった相手は悲しんだかもしれませんし、あるいは怒りを覚えたかもしれません。けれどこれはお互いが人間である以上、仕方ないことだと考えられます。

以上のことを諸々踏まえると、人というのは誰かに傷つけられてしまうし、反対に誰かを傷つけざるを得ない生き物のように思えます。少し不憫な生き物だなとも感じられますが、それでも人というのは誰かに対して優しくしたり、逆に優しくされることもあります。もし誰も傷つけないような生き物だったら、誰かを優しくすることもできないかもしれません。傷つくことがあるからこそ、優しさが身に染みるのではないでしょうか。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの