十人十色

【漢字】十人十色
【読み】じゅうにんといろ
【意味】十人いれば性格や考え方が違うものである。
【例文1】十人十色でイベント企画を出し合う。
【例文2】十人十色で個性的だ。
【例文3】十人十色で正解はない。

十人十色をテーマにした記事

人は十人十色であり付き合うのは楽ではありません

人が社会で生きて行くためには、人と上手に付き合っていかなければなりません。
しかし人と上手に付き合うと言うのは、言うは易し行うは難しだと言えます。
何故なら、人は十人十色の性格を有しているからです。
良く人と上手に付き合うには、こうすれば良いと言うような本が売られています。
この本に従って行動すれば、ある程度の人間とは上手に付き合う事が出来ます。
しかしこのような方法を持ってしても、全ての人と上手に付き合えるわけではありません。
同じセリフを言ったとして、人によってとらえ方が様々で、同じ展開になってはくれません。
Aさんは喜んでくれたのに、Bさんの場合は怒らせてしまったと言う事もあるのです。
言葉をストレートにとらえる人ばかりではなく、穿って捉える人もいるので、このように違った展開に陥ってしまう事があります。
コチラが良いと思って発言した言葉を、変に穿って捉える人がいるので、思うような展開に持って行くことができません。
ですから仲良くしようと思っても、仲良くなれない場合があります。
人は十人十色性格が違うので、それが付き合う楽しさであるとも言えますが、逆にそれがアダとなって、人の交流を上手く行かせない原因となってしまう場合があるので、本当に困ってしまいます。

考え方は十人十色

考え方、捉え方は十人十色。
恐らくほとんどの人が自分の考えがある程度正しいと思っているのではないかと思います。
正しいとまでは言わなくとも、自分の考えが基準となっているのは間違いないと思います。
大事なのは自分の考えが基準として存在していても、自分と対局の意見も受け入れようとする心、理解しようとする気持ちが必要なのだと思います。
例えば揉め事が発生した時、その根底にあるのは自分のことしか考えていないということが原因のように思います。
全てにおいて、相手の立場になって考えることが出来ればそこまで揉めることはないのではないか、と思っています。
簡単なように思えてそれがかなり困難であるから北朝鮮はミサイルを飛ばし続けるし、いじめによる自殺が起こり、パワハラ体罰なども起こってしまうのです。
もし、全ての人類が相手の立場に立って考えることができれば北朝鮮はミサイルを発射しないし、いじめも起こらず、自殺も起こらないと思います。
自分の考えと違う人に対して感じる違和感は、相手も同じように違和感として感じているはずで、誰の考えが正しいのかなんて、考え方は十人十色。正解はないのです。
わたしも含め、自分と正反対の意見にもじっくり耳を傾けられる人でありたいと思います。  

」で始まる言葉一覧

2530.弱冠 2528.雌伏 2526.地獄耳 2524.試金石 2522.森羅万象 2510.心頭を滅却すれば火もまた涼し 2506.新陳代謝 2502.死んだ子の年を数える 2520.辛抱する木に金がなる 2517.深謀遠慮 2514.真に迫る 2532.修羅場 2430.尻を叩く 2424.思慮分別 2450.白黒をつける 2470.人後に落ちない 2490.新進気鋭 2445.四六時中 2465.人口に膾炙する 2486.人事を尽くして天命を待つ 2482.針小棒大 2406.尻に火が付く 2478.信賞必罰 2474.神出鬼没 2418.尻目に掛ける 2440.白い目で見る 2412.支離滅裂 2435.尻を拭う 2460.心血を注ぐ 2455.心機一転 2498.心臓が強い 2494.人跡未踏 2317.助長 2268.枝葉末節 2400.尻切れとんぼ 2394.尻が長い 2285.諸行無常 2205.将棋倒し 2309.初心忘るべからず 2357.白を切る 2301.触手を伸ばす 2332.知らぬ顔の半兵衛 2223.正直者が馬鹿を見る 2250.少年老い易く学成り難し 2241.上手の手から水が漏れる 2380.尻が重い 2373.私利私欲 2259.小の虫を殺して大の虫を助ける 2387.尻が軽い 2349.白羽の矢が立つ 2341.知らぬが仏 2214.正直の頭に神宿2277.将を射んと欲すればまず馬を射よ 2232.正真正銘 2293.食指が動く 2325.白河(川)夜船 2091.守株 2044.柔よく剛を制す 2068.主客転倒 2104.出藍の誉れ 2128.首尾一貫 2164.春宵一刻値千金 2187.順風満帆 2196.春眠暁を覚えず 2140.春夏秋冬 2005.十年一昔 2080.取捨選択 2056.雌雄を決する 2032.愁眉を開く 2152.春秋に富む 2175.春風駘蕩 2116.朱に交われば赤くなる 2018.重箱の隅をつつく 1993.十年一日 1979.十人十色 1964.秋霜烈日 1949.周章狼狽 1918.自由自在 1899.終始一貫 1802.癪に障る 1934.終止符を打つ 1877.縦横無尽 1826.知らぬは亭主ばかりなり 1819.車軸を流す 1853.蛇の道は蛇 1835.しゃちほこ張る 1748.杓子定規 1730.釈迦に説法 1766.杓子は耳かきにならず 1784.弱肉強食 1712.四面楚歌 1589.自腹を切る 1547.死人に口なし 1610.しびれを切らす 1524.尻尾をつかむ 1568.しのぎを削る 1501.尻尾を出す 1694.始末に負えない 1673.四方八方 1477.失敗は成功の基 1452.叱咤激励 1631.私腹を肥やす 1426.十指に余る 1652.自暴自棄 1400.質実剛健 1373.四通八達 1227.地団駄を踏む 1317.七転八倒 1257.四知 1287.七転八起 1346.七歩の才 103.下にも置かない 1167.舌を出す 1197.舌を巻く 1070.舌鼓を打つ 1037.舌足らず 1004.親しき仲にも礼儀あり 971.舌先三寸 902.時代錯誤 937.舌が回る 795.沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 758.地震雷火事親父 680.獅子の子落とし 719.獅子奮迅 888.地獄の一丁目 603.事実は小説よりも奇なり 867.児孫のために美田を買わず 831.自責の念 642.事実無根 317.自給自足 482.地獄で仏に会ったよう 274.敷居が高い 231.鹿を追う者は山を見ず 564.獅子身中の虫 442.自業自得 359.四苦八苦 523.地獄の沙汰も金次第 400.試行錯誤 187.歯牙にも掛けない 55.思案に余る 143.自画自賛 11.人間万事塞翁が馬 99.思案に暮れる 93.外交辞令