心に浮かぶ

【漢字】心に浮かぶ
【読み】こころにうかぶ
【意味】おもい浮かぶ。
【例文1】一人暮らしが長く、実家の父母の顔が心に浮かぶ。
【例文2】故郷が心に浮かぶ。
【例文3】年老いた両親が心に浮かぶ。

心に浮かぶをテーマにした記事

「心に浮かぶ」家族の様子を歌に詠んだ防人たち

「心に浮かぶ」とは「心に現れてくる。思い出される」という意味です。心に浮かんだ情景を和歌に詠むのが歌人です。歌人というと特別な人のように思えますが、古代では、和歌を送ることで気持ちを伝え、和歌を返事として返しました。お互いの恋愛感情を詠んだ、往復書簡のような和歌を相聞歌と呼びました。このように和歌は古代から日常の中に普通にあるもので、特別な人々が文学的表現を競い合うようなものではありません。その普通の人々が詠んだ和歌で、現代にも伝えられ心を揺さぶられるのが、防人の歌です。防人は古代、東国から筑紫、壱岐対馬などに赴任し、大陸からの侵略を防ぐ北九州の守備をする兵士のことです。三年毎に交代することになっていました。その彼らの詠んだ和歌が万葉集に防人歌として集録されているのです。東国の方言を用いて、親子、夫婦の哀別を歌った秀逸な和歌が多いのです。例えば「父母が頭かき撫で幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる」(両親が私の頭を撫でて無事であるようにと言った言葉を忘れることができない)や、「韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして」(裾に取りすがって泣く子供たちを置いてきてしまったことだよ。母もいない子どもたちであるのに)などは兵役を課せられて遠くへ来ている中で、心に浮かぶ両親や子どもを詠んだものです。とても身につまされる歌ですね。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし