三拝九拝

【漢字】三拝九拝
【読み】さんぱいきゅうはい
【意味】何回も拝む。何度も頭を下げて敬意を表す。
【例文1】家族の幸せを三拝九拝して祈願する。
【例文2】命の恩人に三拝九拝する。
【例文3】三拝九拝で金婚式を祝う。

三拝九拝をテーマにした記事

三拝九拝

人に敬意を払うときや、謝意を伝える時に、人は頭を下げますが、これを何度も繰り返す事を三拝九拝と言います。
例えば、職場や学校で目上の人、すなわち上司や取引先、先生や先輩などに敬意を払うことは、多々ありますが、その中でも頼みごとをしたり、感謝の意を伝えたい時、また、謝罪する時には、頭を下げます。しかし、目上の人でなくても、頭を下げることはあります。では、それも三拝九拝にはならないのか、と感じることもあると思いますが、
それは三拝九拝とは、また違った意味になります。どうしてそうなるのでしょうか。つまり、目上の人と目上の人でない人に対しては、同じ頭を下げるということでも、度合いが違ったりします。
そういった時に、目上の人に対しては、何度も頭を下げるといったことによって、敬意や謝意の強さを表現し、伝えるのです。ですから、同じ頭を下げるのでも、目上の人に対してのみ三拝九拝という言葉が適用されます。
これは、メールや手紙といった媒体にも、適用されることであり、文末に三拝九拝と表記することによって、相手に対して、敬意や謝意を伝えます。この場合の三拝九拝は、相手が目に見えないメールや手紙では、相手に敬意や謝意を伝える事ができる大切な言葉です。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず