「足が重い」とは、足が疲労して、だるく重く感じること

「足が重い」とは、足が疲労して、だるく重く感じること。

読み方: あしがおもい

意味:

  1. 足が疲労して、だるく重く感じること。
  2. 気分が沈んで、行動を起こす気力がないこと。
  3. ある場所に行くのが億劫で、足が進まないこと。

使い方:

  1. 長時間歩いたり立ったりした後、足がだるく重く感じる際に使う。
  2. 気分が落ち込んでいて、何もする気が起きない際に使う。
  3. やりたくない仕事や面倒な用事があるために、行動するのが億劫な際に使う。

例文:

  • 一日中歩き回ったので、足が重い。
  • 昨日の失敗がショックで、足が重い。
  • あの人の家に行くのは、足が重い。

類義語:

  • 足がだるい
  • 疲労
  • 倦怠
  • 無気力
  • 憂鬱

対義語:

  • 足が軽い
  • 元気
  • 活力
  • 意欲
  • 積極

参考:

  • 足が重い - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「足が重い」は、必ずしも身体的な疲労だけを指す言葉ではありません。
  • 精神的な疲労や、気分の落ち込みによって、足が重く感じることもあります。

例文:

  • 仕事のプレッシャーで、足が重い。
  • 人間関係の悩みで、足が重い。
  • 将来への不安で、足が重い。

その他:

  • 英語では "have heavy legs" や "feel tired" という表現があります。

参考URL:
足がだるい、むくむ、重いときの原因・病気・治療について|さかえ血管外科・循環器クリニック