仏作って魂入れず

【漢字】仏作って魂入れず
【読み】ほとけつくってたましいいれず
【意味】一番肝心なものが抜け落ちては意味がない。
【例文1】検査だけ受けても治療をしなければ、仏作って魂入れずだ。
【例文2】仕上げのコーティングがなければ仏作って魂入れずだ。
【例文3】気に入った物件だが予算オーバーで仏作って魂入れず。

仏作って魂入れずをテーマにした記事

ビックマネーが生じさせる「仏作って魂入れず」のチーム作り

スポーツにとってマネーは絶えず付いてくるもので、とても必要不可欠な存在となっています。スポーツにとって選手の移籍市場は高額なビックマネーが絶えず動くことが多い。その額は千万単位ではなく、億単位であることが非常に多く、スポーツビジネスは巨大であることを認識させられることが多いです。欧州ではやはりサッカーというビックスポーツが席巻し、スポ―ツビジネスの主役となっています。

アメリカや日本ではサッカーではなく、ベースボールがスポーツビジネスのキングの座に座っているのが周知の事実であり、野球の発祥地であるアメリカのメジャーリーグの選手に移籍によく巨額のマネーが動くことが多く、その金額は億単位であるのが普通であることが多いです。

しかし、日本でも近年スポーツ界でビックマネーが動くようになってきました。その担い手として読売巨人軍公式サイトが筆頭であり、いつも冬の移籍市場、FA市場を賑やかせる存在となっています。最近ではパリーグソフトバンクがその潤沢な資金をもとに追随しています。

しかし、この巨額なマネーで行われる大型補強は、仏作って魂入れずの球団補強、チーム作りになることがよくあります。なりふり構わず、持ち前の資金で他のチームの主力選手を引き抜き、自分のチームに加入させれるが、補強ポイントが合致せずに上手くいかないことや欠かせないチームの柱を放出し、チームがバラバラになって空中分解してしまうこともよくあり、ビックマネーは時として災いを呼ぶことがスポーツビジネスによくあります。

」で始まる言葉一覧

2559.仏も昔は凡夫なり 1298.本末転倒 1208.ぼろが出る 1238.本腰を入れる 1268.盆と正月が一緒に来たよう 1115.洞が峠を決め込む 1147.ほらを吹く 1178.蒲柳の質 916.骨抜きにする 1017.骨身を削る 984.骨身を惜しまず 1050.骨を埋める 950.骨身にこたえる 1083.骨を折る 809.仏の顔も三度 697.矛先を向ける 736.ほぞを噛む 658.墓穴を掘る 620.墨守 773.仏作って魂入れず 881.骨が折れる 845.骨折り損のくたびれ儲け 458.棒ほど願って針ほど叶う 205.茫然自失 249.忙中閑あり 581.頬が落ちる 292.棒に振る 541.吠える犬は噛み付かぬ 335.忘年の交わり 500.亡羊の嘆 375.抱腹絶倒 418.ほうほうの体 161.坊主憎けりゃ袈裟まで憎い 73.判官びいき 29.暴飲暴食 117.傍若無人