「頬が落ちる」とは、あまりにも美味しくて、思わず頬が落ちてしまうような、極上の美味しさであること。

「頬が落ちる」とは、あまりにも美味しくて、思わず頬が落ちてしまうような、極上の美味しさであること。

読み方: ほっぺがおちる

意味:

  • あまりにも美味しくて、思わず頬が落ちてしまうような、極上の美味しさであること。
  • 美味しすぎて、言葉にならないほどの感動を味わうこと。

語源:

  • 美味しすぎて、頬の肉が落ちるほど喜ぶ様子を表現した言葉。
  • 実際に頬が落ちるわけではない。

例文:

  • この店のケーキは、頬が落ちるほど美味しい。
  • 彼の作る料理は、どれも頬が落ちるような美味しさだ。
  • あの店のラーメンは、一度食べたら、もう他のラーメンは食べられないほど、頬が落ちる美味しさだった。

類義語:

  • 絶品
  • 極上
  • 至福
  • 悶絶
  • 恍惚

対義語:

  • 不味い
  • まずい
  • 不快
  • 失望
  • 嫌悪

注意点:

  • 頬が落ちるは、主観的な表現である。
  • 人によって、美味しさの感じ方は異なる。

補足:

  • 頬が落ちるは、主に食べ物に対して使われる表現。

参考URL:
頰っ辺が落ちる(ほっぺたがおちる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書