「下手の長談義」は、話が下手な人が、長々と話をすること

「下手の長談義」は、話が下手な人が、長々と話をすることです。また、話の下手な人ほど長話をする傾向があることを指すこともあります。

意味:

  • 下手:話が下手
  • 長談義:長い話

例文:

  • 彼の話はいつも長くて退屈だ。まさに下手の長談義だ。
  • 彼は下手の長談義で有名で、誰も彼の話を最後まで聞こうとしない。
  • 面白い話ならまだしも、つまらない下手の長談義は聞きたくない。

類義語:

  • 長話
  • 饒舌
  • まくし立てる
  • くだらない話
  • 退屈な話

対義語:

  • 簡潔
  • 要領を得る
  • 聞き上手

「下手の長談義」は、相手にとって迷惑な行為であることを理解し、長々と話さないように注意することが大切です。

補足:

  • 「下手の長談義」は、「下手な鉄砲も数撃てば当たる」の対義語として使われることもあります。
  • 「下手の長談義」は、「下手の横好き」と似ていますが、「下手の横好き」は、下手でも好きなことを熱中してすることを指します。

参考URL:
下手の長談義(へたのながだんぎ)とは? 意味や使い方 - コトバンク