「間が抜ける」とは、重要なポイントを見落とすなどで、間の悪い印象を与えてしまうこと

「間が抜ける」とは、重要なポイントを見落とすなどで、間の悪い印象を与えてしまうことを意味します。

意味:

「間が抜ける」とは、状況や雰囲気に合っていない行動や言動をとったり、重要なポイントを見落としたりして、間の悪い印象を与えてしまうことを意味します。具体的には、以下のような状況で使われます。

  • 場違いな発言をする
  • タイミングが悪い行動をとる
  • 重要なことを忘れてしまう
  • 冗談が滑る
  • 空気が読めない

語源:

「間」には、時間的なタイミングだけでなく、場の雰囲気や状況という意味もあります。「間が抜ける」は、これらの「間」をうまく捉えることができず、場違いな行動や言動をとってしまう様子を表しています。

使い方:

「間が抜ける」は、主に人の行動や言動を批評する際に用いられます。以下は、例文と解説です。

例文:

  • Aさん: ねえねえ、昨日のテスト、難しかったよね?
  • Bさん: うん、難しかったよ。でも、○○君は100点だったらしいよ。
  • Aさん: えーっ、また? あの人、いつも間が抜けてるのに、どうしてテストだけできるんだろう?

この例では、AさんはBさんにテストの話を振っていますが、Bさんはテストのことよりも○○君の点数の方が気になっているようです。Aさんは、Bさんの反応が場違いだと感じ、「間が抜けてる」と表現しています。

類義語:

  • 空気が読めない
  • 場違い
  • 頓珍漢
  • 不器用
  • 鈍感

対義語:

  • 機転が利く
  • 場をわきまえる
  • 要領が良い
  • スマート
  • 気配り上手

まとめ

「間が抜ける」は、人の行動や言動を批評する際に用いられる言葉です。使い方には注意が必要で、相手を傷つけないように配慮しましょう。

参考URL:
間が抜ける(まがぬける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書