「水を向ける」とは、相手が話し出すように誘い出すこと

「水を向ける」とは、相手が話し出すように誘い出すこと。

読み方: みずをむける

意味:

  1. 霊前に水を供える。
  2. 相手が話し出すように誘い出す。
  3. ある方向に注意や関心を向けさせる。

語源:

  • 巫女が生霊や死霊を呼び出すとき、水を差し向けたことから。

使い方:

  • 故人の冥福を祈る様子を表現したい時に使う。
  • 相手を饒舌にさせたい時に使う。
  • 特定の議題に注目を集めたい時に使う。

例文:

  • お盆には、先祖の霊前に水を向けて供養した。
  • 彼は、巧みに話題を変えて、水を向けようとした。
  • 記者たちは、大臣に水を向けて質問を浴びせた。

類義語:

  • 供養する
  • 誘導する
  • 注目させる
  • 関心を集める
  • 話題にする

対義語:

  • 無視する
  • 忘れる
  • 見過ごす
  • 沈黙させる
  • 話題を変え

参考:

  • 水を向ける - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「水を向ける」は、状況によって様々な意味を持つ表現です。
  • 文脈をよく理解して、適切な意味で使うようにしましょう。

その他:

  • 英語では、状況に応じて "offer water"、"draw someone out"、"direct attention" などの表現があります。

参考URL:
水を向ける(みずをむける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書