「骨を埋める」とは、死んで埋葬されることが転じて、その場所で生涯を終えること

「骨を埋める」とは、死んで埋葬されることが転じて、その場所で生涯を終えること。

意味:

    1. 死んで埋葬されること。
    1. 転じて、その場所で生涯を終えること。
    1. ある事柄に一生取り組むこと。

例:

  • 彼は故郷で骨を埋めるつもりだ。
  • 彼女は教師として骨を埋めた。
  • 彼は科学者として骨を埋める覚悟だ。

類義語:

  • 永住する
  • 帰郷する
  • 隠居する
  • 定年退職する
  • 一生を捧げる

対義語:

  • 転勤する
  • 移住する
  • 旅立つ
  • 死ぬ
  • 諦める

補足:

  • 「骨を埋める」は、古くから伝わることわざです。
  • 人生の終わり方や、人生をどのように生きるかについて、様々な意味合いを持っています。
  • 近年では、少子化や核家族化の影響により、家族の墓に入る人が減少しているため、「骨を埋める」という言葉の意味も変化しつつあります。

参考:

参考URL:
骨を埋める(ほねをうずめる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

例文:

  • 彼は都会で成功したが、最終的には故郷で骨を埋めることを選んだ。

「骨を埋める」という言葉は、

人生の終着点

だけでなく、

人生をどのように生きるか

という

深い問いかけを投げかける言葉です。