「馬の耳に念仏」とは、理解できない人にいくら説いても、理解してもらえないこと

「馬の耳に念仏」とは、理解できない人にいくら説いても、理解してもらえないこと。

読み方: うまのみみにねんぶつ

意味:

  • 理解できない人にいくら説いても、理解してもらえないこと。
  • 無駄な努力をすること。
  • 相手が聞く耳を持たないこと。

語源:

  • 馬は念仏の意味が理解できないことから。

類義語:

  • 犬に論語
  • 猫に小判
  • 鶏肋
  • 説法強盗
  • 木に花

対義語:

  • 分かりやすく説明する
  • 相手に理解してもらう
  • 説得する
  • 心を動かす
  • 共感を得る

例文:

  • 彼にいくら説明しても、馬の耳に念仏で理解してもらえない。
  • 馬の耳に念仏だと分かってはいるが、どうしても言わずにはいられない。
  • あの人はいつも馬の耳に念仏で、何を言っても無駄だ。

参考URL:
馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書