「論より証拠」とは、言葉でいくら説明しても、証拠を見せる方が説得力があるということ

「論より証拠」とは、言葉でいくら説明しても、証拠を見せる方が説得力があるということ。

例文:

  • 彼は自分の能力をアピールするが、実績がないので「論より証拠」という言葉の通りだ。
  • 新しい理論を発表する際には、「論より証拠」として、実験結果などを示す必要がある。
  • 彼は無実を主張しているが、「論より証拠」として、犯行現場にいたという目撃証言がある。

類語:

  • 百聞は一見に如かず
  • 実際にやってみる
  • 実証
  • 検証
  • 体験

対義語:

  • 理屈
  • 空論
  • 抽象
  • 理屈っぽい

補足:

「論より証拠」は、古くから言い伝えられていることわざです。言葉でいくら説明しても、実際に証拠を見せた方が相手に理解してもらいやすいという意味です。

参考URL:
論より証拠(ろんよりしょうこ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書