「瓜二つ」とは、顔や姿がそっくりであること

「瓜二つ」とは、顔や姿がそっくりであること。

意味

顔や姿がそっくりであること。瓜を縦に二つに割ったように、左右対称でよく似ている様子をたとえています。

例文

  • うちの双子は瓜二つで、よく間違えられます。(My twins are like two peas in a pod and are often mistaken for each other.)
  • あの兄弟は瓜二つで、まるで双子みたいですね。(Those brothers look so much alike, they could be twins.)
  • 彼女は母親に瓜二つで、美人ですね。(She looks just like her mother, she's a beauty.)

瓜二つを使った表現

  • 瓜二つのように似ている(To be as alike as two peas in a pod)
  • 瓜二つの人物(A doppelganger)
  • 瓜二つの製品(An identical product)

瓜二つの双子の話

双子は、同じ遺伝子を持つため、顔や姿が非常に似ていることが多いです。中には、瓜二つで区別がつかないほど似ている双子もいます。

双子の話の中で有名なのが、イギリスの作家マーク・トウェインの小説「トム・ソーヤーの冒険」に登場するトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンの話です。二人は瓜二つで、いたずら好きの性格も似ていたため、よく入れ替わって周囲を困らせていました。

このように、瓜二つの双子は、様々な物語や伝説に登場し、人々の興味を引いています。

瓜二つの面白さ

瓜二つの面白さは、そのそっくりさゆえに起こる様々な出来事です。例えば、双子が入れ替わって周囲を騙したり、瓜二つの他人同士が間違えられたり、といったことが起こります。

また、瓜二つの双子を見ることで、遺伝の力や人間の多様性について考えさせられることもあります。

まとめ

瓜二つは、顔や姿がそっくりであることを表す言葉です。双子の他にも、瓜二つの他人や、瓜二つの製品など、様々なものに使われます。瓜二つの面白さは、そのそっくりさゆえに起こる様々な出来事や、遺伝の力や人間の多様性について考えさせられる点にあります。

参考URL:
瓜二つ(うりふたつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書