「罪を憎んで人を憎まず」とは、犯罪行為は憎むべきだが、それを犯した人そのものは憎むべきではない

「罪を憎んで人を憎まず」とは、犯罪行為は憎むべきだが、それを犯した人そのものは憎むべきではない。

意味:

  • 犯罪行為は憎むべきだが、それを犯した人そのものは憎むべきではない。
  • 人間の持つ善性を信じ、更生を期待する。

読み方: つみをにくんでひとをにくまず

類義語:

  • 寛恕
  • 慈悲
  • 許し
  • 人非人

対義語:

  • 憎悪
  • 怒り
  • 復讐
  • 断罪

例文:

  • 彼は罪を犯したとはいえ、罪を憎んで人を憎まず、彼の更生を信じていた。
  • 罪を憎んで人を憎まずという考え方は、犯罪者の社会復帰を促進する上で重要である。

補足:

  • この言葉は、中国の儒教の教えに基づいています。
  • 孔子の言葉である「過ちを責めて人を責めず」が由来とされています。
  • 現代では、犯罪被害者や犯罪者家族への支援活動など、様々な場面でこの考え方が活かされています。

*その他:

  • この言葉は、非常に奥深い考え方であり、様々な解釈が可能です。
  • 罪を憎んで人を憎まずという考え方に賛同する人もいれば、反対する人もいるでしょう。
  • 大切なのは、それぞれの立場や状況を理解し、多角的な視点から考えることです。

参考URL:
罪を憎んで人を憎まず(ツミヲニクンデヒトヲニクマズ)とは? 意味や使い方 - コトバンク