目も当てられない

【漢字】目も当てられない
【読み】めもあてられない
【意味】あまりにもひどい状態である。
【例文1】目も当てられない散乱した部屋。
【例文2】目も当てられないほどの事故現場。
【例文3】目も当てられないほどの台風のつめ跡。

目も当てられないをテーマにした記事

使い勝手の良い「大人語」の一つ「目も当てられない」

見るにたえない状況や、見るに忍びないできごとに遭遇した時、「目も当てられない」という表現を使うことが良くあります。
先日、大学生の知り合いと話していた時、彼はこんなふうに使っていました。
「序盤から一方的な展開で、目も当てられない試合でしたよ」
前日に彼はプロ野球の試合を見に行ったのですが、ひいきのチームが大敗した感想を、そう表現したのです。
こうした慣用句や言い回しは、若い人はあまり使わなくなっているように感じますが、この表現は現役バリバリの言葉と言っていいでしょう。
私は個人的に「大人語」というものがあると思っています。子どもはまず使うことがなく、大人どうしで使うとそのニュアンスが的確に伝わる言葉のことです。
「目も当てられない」というのは、まさにその大人語の代表例ではないでしょうか。
先ほどの大学生の例で言うと、「見てられないひどい試合でしたよ」というよりも「目も当てられない試合」と言った方が、彼のなさけない気持ち、悔しさが強く伝わるように思います。
「当てられない」という動詞の使い方がちょっとひっかかるところに、この言葉の持つ力があるのかもしれません。
おそらくこの場合の「当てる」というのは、対象物に視線を当てるということなのでしょう。対象物に触ることを「手を当てる」と言いますが、そのように視線を直接対象物にぶつけることを「当てる」と表現したのだと思います。

」で始まる言葉一覧

2545.明鏡も裏を照らさず 2320.目を養う 2312.目をむく 2263.芽を吹く 2288.目を丸くする 2209.目をつり上げる 2360.面目を失う 2304.目を見張る 2352.面目次第もない 2335.面倒を見る 2227.目を盗む 2245.目を光らす 2375.面目躍如 2254.目を引く 2368.面目を施す 2389.目八分 2382.迷宮入り 2344.面と向かって 2218.目を通す 2280.目を細める 2236.目を離す 2272.目を伏せる 2296.目を回す 2328.面従腹背 2097.目を凝らす 2013.目を奪う 2050.目を掛ける 2026.目を覆う 2146.目を据える 2062.目をかすめる 2110.目を皿のようにする 2169.目を背ける 2122.目を三角にする 2200.目をつぶる 2191.目を付ける 2134.目を白黒させる 2074.目を配る 2038.目を落とす 2086.目をくらます 2158.目を注ぐ 2180.目をそらす 2000.目を疑う 1865.目の毒 1971.目も当てられない 1941.目鼻が付く 1842.目の付け所 1809.目の黒いうち 1926.目は口ほどに物を言う 1956.目星を付ける 1888.目の保養 1908.目の前が真っ暗になる 1986.目もくれない 1792.目の敵にする 1774.目の上のこぶ 1702.目にも留まらぬ 1756.目の色を変える 1738.目に物見せる 1720.目に物言わす 1413.めどが付く 1439.目と鼻の先 1465.目に余る 1489.目に入れても痛くない 1621.目に入る 1684.目に見えて 1642.目には目を、歯には歯を 1600.目には青葉山ほととぎす初がつお 1558.目に付く 1513.目に浮かぶ 1579.目に留まる 1536.目に角を立てる 1663.目に触れる 1359.めっきがはげる 1331.目玉が飛び出る 1272.目白押し 1242.目先を変える 1386.滅相もない 1212.目先が利く 1302.メスを入れる 1119.目から火が出る 1182.目くそ鼻くそを笑う 1151.目くじらを立てる 920.目がない 1021.目が回る 988.目が早い 1054.目から鱗が落ちる 1087.目から鼻へ抜ける 954.眼鏡にかなう 813.目が出る 740.目が据わる 701.目頭が熱くなる 662.目が覚める 614.寝覚めが悪い 777.目が高い 885.目が届く 849.芽が出る 209.冥途の土産 462.目が潤む 422.目が合う 585.目が肥える 296.明眸皓歯 545.目が眩む 253.名物にうまい物なし 339.明明白白 504.目が利く 379.迷惑千万 165.名状しがたい 77.明鏡止水 121. 33.明暗を分ける