先手必勝

【漢字】先手必勝
【読み】せんてひっしょう
【意味】誰よりも早く行動を起こせば、必ず有利な立場に立つ事が出来る。
【例文1】先手必勝で試合に臨む。
【例文2】先手必勝で攻撃する。
【例文3】先手必勝の作戦勝ち。

先手必勝をテーマにした記事 

勝負の世界は先手必勝が重要

学生時代野球をやっていて、先手必勝の重要性を常に実感していました。その経験もあって、勝負は先手必勝を心掛けています。
なぜ先手必勝が重要かですが、最初から優位な立場になればモチベーションが上がり、更に良い行動がとれるという心理的な要素が関係していると思います。
プラス思考だと良い方向に向かうプラシーボ効果と一緒で、良い心理状態や精神を維持することは勝負の世界でも重要です。
将棋を同僚と良くやりますが、私が勝つ時のパターンは先手必勝のケースがほとんどで、最初不利なスタートをすると9割方負けています。
逆境に弱いというタイプもあって、先手必勝を常に心掛けていますが、最初不利なスタートでも後から巻き返すタイプもいます。
私の兄がそういったタイプで、立ち上がりが悪くても後から巻き返し勝ちとるケースが多々あります。
兄を見ていると逆境に強いと感じる時が多く、そのような人だと先手必勝にこだわらない勝負もできるかと思います。
ただ、巻き返すことより先手必勝で逃げ切る勝負の方が楽で、勝率も高くなるので学生時代野球をやっている時は、1回から3回に全力を出すようにしていました。
徐々にエンジンがかかるようなやり方より、ロケットスタートのような勝負の方法が私には向いています。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん