善は急げ

【漢字】善は急げ
【読み】ぜんはいそげ
【意味】良いと思ったら、迷わず実行するべきである。
【例文1】新作バッグが売り切れないうちに善は急げと言うから買いに行こう。
【例文2】善は急げで直感で購入する。
【例文3】思い立ったら旅に出る。善は急げだ。

善は急げをテーマにした記事

 

善は急げはフットワークの軽さに関係します

善は急げという言葉があります。
この言葉は、良いことは急いで対応していくことですが、この行動には、自らのフットワークの軽さに関係しているといえます。
重い腰を上げて、ゆっくりと対応していては、好機を逃してしまいます。
ビジネスにおいても、スピード感が大事です。
また行動力も大事です。
最近の環境変化はめまぐるしく、ついていくのが大変な状況です。特にIoTについては、劇的な変化があります。
スマホタブレットウェアラブルディバイスといった、今では当たり前に利用されているものは、10年前には今のように普及していくことが想像できなかったと思います。
このようにスピード感が以前よりも増している現代においては、単に「善は急げ」という言葉は、ある意味、「善は急ぎに急げ」という言葉に言い換えても全く違和感がないくらいになっているといえます。
今後、世界はまだまだスピード感が増した目覚ましい発展があるものと思います。
今の子ども達が大人になる頃はどのようなスピード感で世界が動いているのか、想像できませんが、この想像できない世界においても対応できるよう、今からでも善は急ぎに急げという感覚で色々なことを教えてあげたいと思います。

 

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん