前門の虎、後門の狼

【漢字】前門の虎、後門の狼
【読み】ぜんもんのとらこうもんのおおかみ
【意味】前門で虎遭遇して逃げ、今度は後門に狼が現れるたとえから、一つの災難を逃れてホッとする間もなく、またすぐに他の災難に見舞われる。
【例文1】せっかく洗い物が終わったかと思えば、子ども達の弁当箱がテーブルに置いてあり、前門の虎、後門の狼だ。
【例文2】子ども達が次から次に熱を出し、前門の虎、後門の狼だ。
【例文3】卒業・入学の繰り返しで家計が前門の虎、後門の狼だ。

前門の虎、後門の狼をテーマにした記事

逆にした方がもっと怖い「前門の虎、後門の狼」

「前門の虎、後門の狼」というのは、比較的よく使われることわざと言っていいでしょう。私も、2つの大きな問題を抱えている時などに、使うことがあります。
私は「虎と狼に挟み撃ちにされた状態のような大ピンチ。絶体絶命」というような意味に解釈していました。間違いというわけではないでしょうが、このことわざは「絶体絶命」ではなく、「一難去ってまた一難」の意味に解釈されることもあうようですね。
このことわざの出典は趙弼の『評史』 。「前門に虎を拒(ふせ)ぎ、後門に狼を進む」という一節で、意味は「表の門で虎の侵入を防ぐ時、裏の門から狼が侵入してくる」ということになります。
「拒ぎ」を、「防いでいる時」と解釈すれば、「絶対絶命」の意味に近くなるでしょうし、「防いだと思ったら」と解釈すれば「一難去ってまた一難」という意味になるでしょう。
私は、前者の意味に解釈していたわけです。
ところで、後者の意味に解釈するとすれば、この二つの動物を入れ替えたほうが、より恐怖心は増すのではないでしょうか。
「前門の狼、後門の虎」。つまり、「なんとか狼の侵入を防いだと思ったら、なんと後ろの門から虎が入ってきた」という意味になります。明らかに狼よりも虎の方が大物ですから、その災難のスケール、恐怖心はより大きくなるに違いありません。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん