出る幕がない

【漢字】出る幕がない
【読み】でるまくがない
【意味】参加したり、活躍したりする場所がない。
【例文1】今回は私の出る幕はなさそうだ。
【例文2】ライバルが多くて出る幕がない。
【例文3】もう君の出る幕はない。

出る幕がないをテーマにした記事

 

出る幕がないお母さん

子供を保育園に預けていた時のこと。
当時めったに残業がない部署に配属されており、いつも定時で帰宅できていたのですが、トラブルが発生し、何時に帰宅できるかわからない事態になってしまいました。
保育園には延長保育もありますが、それも限界があり子供がお世話になっていた園では20時まででした。
とりあえず20時ですらお迎えに行ける保証がなく、そんなことも言っていられない状況に焦り、当時近くに住んでいた妹夫妻にお迎えをお願いすることにしました。
快く引き受けてくれたものの、わが子は超のつくほどの人見知り。それはしょっちゅう顔を合わせている親族でも変わらず、わたしが一緒にいないとギャーギャー泣いてしまいます。
妹は当時、集合住宅に住んでいたため迷惑をかけるだろうな・・・と気を病んでいました。
なるべく早く仕事を終わらせて帰らなければ!
そう思い、妹宅に到着したのは21時すぎでした。
妹宅の玄関ドア前、中からものすごい大爆笑が聞こえます。ピンポンを押しても気付きません。
中に入ると我が子は「妹ちゃんのおうちの方がた~のしい~」と言って、なにやらゲームを楽しんでいる様子。 
出る幕がない・・・
リビングへと続く廊下から妹に電話をし、中に入りやすくしてもらいました。
なんとかなるものです!