千里の道も一歩から

【漢字】千里の道も一歩から
【読み】せんりのみちもいっぽから
【意味】大きな事を始めるときはまず、手近な所から努力すると成功する。
【例文1】露店から雑貨売りを始めたところ店舗を持てるまでになった。千里の道も一歩からだ。
【例文2】千里の道も一歩からで路上ライヴをする。
【例文3】千里の道も一歩からでチラシのモデル業から始める。

千里の道も一歩からをテーマにした記事

千里の道も一歩からの精神で始めました

親友と呼べる友達が病気で入院してしまいました。
幸い大事には至らなかったのですが、元気だけが取り柄の友人でしたから、病気になって気弱になっていました。
私はそんな友人を励まそうと思い、千羽鶴を折る事にしたのです。
とはいうものの、千羽の鶴を折るのは口で言うほど簡単ではありませんが、千里の道も一歩からということわざを思い出し、真心を込めて折り始めました。
最初の十羽ぐらいまでは、楽しく折る事が出来ました。
しかしそれを超える辺りから、徐々にめんどくさく感じるようにりました。
そもそも私は飽きっぽい性格で、何をしても長続きがしません。
今回の千羽鶴もその悪い癖が出てしまい、折る事に飽きがきました。
それでもしばらくの間は、何とか頑張って折っていました。
しかし百羽辺りで折るのをやめてしまったのです。
しばらくの間ぼうっとしていたら、病気で落ち込んでいる友人の顔が頭の中をよぎり、こんな事をしてちゃいけないと思い始め再び千羽鶴を折り始めました。
何とか千羽鶴を折りあげ、友人のお見舞いに持って行きました。
友人はとても喜んでくれたので、がんばって折って良かったなとしみじみ思いました。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん