全知全能

【漢字】全知全能
【読み】ぜんちぜんのう
【意味】知識も能力もあり何でもできる者。
【例文1】彼女は全知全能で頼りになる。
【例文2】機械にも勝る全知全能。
【例文3】全知全能で神業だ。

全知全能をテーマにした記事

神に代わって全知全能な存在になる可能性があるAI

神は全知全能な存在として、全く知らないことは一つも無く、出来ないことは何も無い完全無欠な能力を持つものとして崇められてきたことは間違いないと思いますし、過言ではないでしょう。

近年、神に代替する全知全能な存在になるものとしてAIがメディアで取り上げられています。AIの可能性は制限なく、我々の生活を180度変えてしまう可能性を秘めています。特に、私たちのワークライフが劇的に変わっていくことが予想されています。現在、当たり前に存在している職種が必要ではなくなる、淘汰される時代が目の前に差し迫っています。レジの自動化、自動運転による運転手の削減、医療診断の自動化等、これから先AIに取って代わられる仕事が遅かれ早かれ続出することが予想されています。

やはりAIは、神に代わって全知全能な存在として君臨する未来が来るのでしょうか。AIが普及される時代になり、私たちの生き方や考え方もシフトチェンジする機会が到来していると思います。これまでは仕事を最優先するライフスタイルが一般的でしたが、これからは仕事を優先する時代ではなく、プライベートを優先する時代になってくるのではないでしょうか。仕事は人工知能に任せ、私たちはプライベートを優先する時代が来てもおかしくない時代が到来しているかもしれません。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん