千慮の一失

【漢字】千慮の一失
【読み】せんりょのいっしつ
【意味】賢い人でも一つくらいは間違いや失敗はある。
【例文1】メジャーリーガーでもエラーする千慮の一失がある。
【例文2】誰だって千慮の一失くらいあるよ。
【例文3】千慮の一失だ。気にするな。

千慮の一失をテーマにした記事

千慮の一失という心構えでいる

私は普段からちょっとした失敗が多いので、自分のことを過大評価することはほとんどありません。
そのため、たまに何も失敗しないことがあると、逆に不安になってしまうことがあります。

しかし、世の中にはとても優秀な人がいて、周りから見ると完璧と思える人がいるものです。
ですが、どんな人でも100%という人はいないわけで、やはり完全に信用したり、安心せずに、千慮の一失ということを頭においておく必要があると思います。

年齢を重ねるとともに、人間には失敗があるのが当たり前と思うようになってきました。
そのため、どんなに優秀な人が「これは絶対大丈夫」と言っても、完全に信用することはなくなりました。 

確かに安全神話はどんどん崩壊しているような状態です。
人間が作ったもので100%安全というものは、そもそも存在しないのだと思います。

子どもの頃は大人になるということは、いろいろなことに関して完璧に近づいていくことだと思っていました。
その為、大人は子どもよりも信用できるとも思っていました。

しかし、自分が大人になるにつれて、その考えは間違っていることに気が付きました。

どちらかといえば、私利私欲のために動いている大人の事情がたくさんあって、それに騙されないようにしなければいけないことを身につけていく必要があるとおもいました。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん