千変万化

【漢字】千変万化
【読み】せんぺんばんか
【意味】目まぐるしく変化していく様子。
【例文1】千変万化についていけないとバカにされる。
【例文2】若者の言葉は千変万化だ。
【例文3】去年のファッションがもう変万化だ。

千変万化をテーマにした記事

千変万化のファッションは付いていくのがやっとです

千変万化とは変化がいちじるしいという意味です。めまぐるしい変化といえば若者のファッションです。私も高校生から23歳で結婚するまでは時代に合ったファッションや流行りものを身につけていました。雑誌を見てあれこれ参考にしていたものです。
おかげでファッションを通じて仲良くなったり、異性にもモテた事がありました。
その持ち物どこで手に入れたの?なんて聞かれると鼻が高くなっていました。
ところが、結婚して子どもができると雑誌を読む前に買いに行かなくなったり、というか買い物に行ってもおむつだったり、ベビー用品がかさばるわ、泣き叫ぶわでゆっくり雑誌を選んでられないし、洋服だって動きやすい洋服がいいし、なにせ授乳服は10年前当時はあまりおシャレではありませんでした。テレビもおかあさんといっしょやアニメの録画番組ばかりで歌番組はほとんど見られません。なので最近のアイドルグループは誰が誰なのかわかりません。いつのまにか卒業しているアイドルもいました。
生活していくには千変万化なんて言ってられません。当時流行っていた洋服を未だにきていますよ。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん