七歩の才

【漢字】七歩の才
【読み】しちほのさい
【意味】中国の曹丕曹植兄弟は優れた詩人であった。兄が弟の才能を妬んで七歩歩いている間に詩を作るよう命令した。曹植は兄弟の不仲を嘆く詩を作ったという故事より。作詩の才能があり、ひらめきが早い。
【例文1】七歩の才ではないから、制作まで1週間はかかる。
【例文2】俳句が七歩の才の出来映えだ。
【例文3】七歩の才で驚きだ。

七歩の才をテーマにした記事

「七歩の才」を示した不遇の詩聖

「七歩の才」とは「世説新語」文学の故事から「詩を作る 才能が非常にすぐれていること。また、作詩が早いこと」です。曹植は魏の武王の息子です。詩文の才能に長じていました。その才能に嫉妬した兄の曹丕(文帝)は自分が 七歩あるく間に詩を作れなければ罰を与えると、無理難題を吹きかけます。ところが、七歩の間に曹植は自分たちを豆と豆がらに喩えて「豆を煮てスープを作り、醗酵したみそを漉して汁にします。豆殻は釜の下で燃料にされて燃え、豆は釜の中で泣いて訴えます。 私達は元は同じ根から育った豆と豆殻なのに、 なぜそんなに急いで煮ようとするのですか」と兄弟の不仲を嘆く詩を作ります。これを聞いて、帝は深く恥じいる表情をみせました。詩の才能を父曹操にも認められ、寵愛を受けていた曹植でしたが、兄文帝とは側近レベルで父の後継争いに発展し、兄が後継に指名されると、曹植は側近ともども厳しい迫害を受けるようになります。そして城を追われるように出て、親族間の交流もままならず、母が亡くなると後ろ盾をなくした曹植は41歳の若さで「常に汲汲として歓びなく、遂に病を発して」亡くなります。曹植は五言の古詩の作り手として唐の李白杜甫以前の「詩聖」と評されています。

」で始まる言葉一覧

2530.弱冠 2528.雌伏 2526.地獄耳 2524.試金石 2522.森羅万象 2510.心頭を滅却すれば火もまた涼し 2506.新陳代謝 2502.死んだ子の年を数える 2520.辛抱する木に金がなる 2517.深謀遠慮 2514.真に迫る 2532.修羅場 2430.尻を叩く 2424.思慮分別 2450.白黒をつける 2470.人後に落ちない 2490.新進気鋭 2445.四六時中 2465.人口に膾炙する 2486.人事を尽くして天命を待つ 2482.針小棒大 2406.尻に火が付く 2478.信賞必罰 2474.神出鬼没 2418.尻目に掛ける 2440.白い目で見る 2412.支離滅裂 2435.尻を拭う 2460.心血を注ぐ 2455.心機一転 2498.心臓が強い 2494.人跡未踏 2317.助長 2268.枝葉末節 2400.尻切れとんぼ 2394.尻が長い 2285.諸行無常 2205.将棋倒し 2309.初心忘るべからず 2357.白を切る 2301.触手を伸ばす 2332.知らぬ顔の半兵衛 2223.正直者が馬鹿を見る 2250.少年老い易く学成り難し 2241.上手の手から水が漏れる 2380.尻が重い 2373.私利私欲 2259.小の虫を殺して大の虫を助ける 2387.尻が軽い 2349.白羽の矢が立つ 2341.知らぬが仏 2214.正直の頭に神宿2277.将を射んと欲すればまず馬を射よ 2232.正真正銘 2293.食指が動く 2325.白河(川)夜船 2091.守株 2044.柔よく剛を制す 2068.主客転倒 2104.出藍の誉れ 2128.首尾一貫 2164.春宵一刻値千金 2187.順風満帆 2196.春眠暁を覚えず 2140.春夏秋冬 2005.十年一昔 2080.取捨選択 2056.雌雄を決する 2032.愁眉を開く 2152.春秋に富む 2175.春風駘蕩 2116.朱に交われば赤くなる 2018.重箱の隅をつつく 1993.十年一日 1979.十人十色 1964.秋霜烈日 1949.周章狼狽 1918.自由自在 1899.終始一貫 1802.癪に障る 1934.終止符を打つ 1877.縦横無尽 1826.知らぬは亭主ばかりなり 1819.車軸を流す 1853.蛇の道は蛇 1835.しゃちほこ張る 1748.杓子定規 1730.釈迦に説法 1766.杓子は耳かきにならず 1784.弱肉強食 1712.四面楚歌 1589.自腹を切る 1547.死人に口なし 1610.しびれを切らす 1524.尻尾をつかむ 1568.しのぎを削る 1501.尻尾を出す 1694.始末に負えない 1673.四方八方 1477.失敗は成功の基 1452.叱咤激励 1631.私腹を肥やす 1426.十指に余る 1652.自暴自棄 1400.質実剛健 1373.四通八達 1227.地団駄を踏む 1317.七転八倒 1257.四知 1287.七転八起 1346.七歩の才 103.下にも置かない 1167.舌を出す 1197.舌を巻く 1070.舌鼓を打つ 1037.舌足らず 1004.親しき仲にも礼儀あり 971.舌先三寸 902.時代錯誤 937.舌が回る 795.沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 758.地震雷火事親父 680.獅子の子落とし 719.獅子奮迅 888.地獄の一丁目 603.事実は小説よりも奇なり 867.児孫のために美田を買わず 831.自責の念 642.事実無根 317.自給自足 482.地獄で仏に会ったよう 274.敷居が高い 231.鹿を追う者は山を見ず 564.獅子身中の虫 442.自業自得 359.四苦八苦 523.地獄の沙汰も金次第 400.試行錯誤 187.歯牙にも掛けない 55.思案に余る 143.自画自賛 11.人間万事塞翁が馬 99.思案に暮れる 93.外交辞令