船頭多くして船山に上る

【漢字】船頭多くして船山に上る
【読み】せんどうおおくしてふねやまにのぼる
【意味】指示者が多いとうまくまとまらないもの。
【例文1】共同生活1日目は船頭多くして船山に上る。
【例文2】リーダーを決めないと船頭多くして船山に上る。
【例文3】船頭多くして船山に上るでチームワークが必要だ。

船頭多くして船山に上るをテーマにした記事

 

船頭多くして船山に上る

それぞれ勝手な指示を出す人間が多すぎて、状況がまとまらず上手く行かない事を言い、使い方としては「あそこのグループは船頭多くして船山に登るだなと」となります。船頭とは本来一人いれば事がスムーズに運ぶのですが、なまじ優秀な人が集まり過ぎると各々が持論を展開し出し、指示を受ける者達が誰の指示が的確なのか判らなくなり、進水させるはずの船がどういう訳か山に向かって運ばれて行く事態になってしまったという話が転じて「船頭多くして船山に登る」なのです。つまり、どれ程優秀な人間を沢山集められても、チームワークがきちんと取れなければ上手く行くものも上手く行かなくなるという事で、何事もまずは協調性が大事だという教えであります。もちろん優秀な方全てが自己主張の強い人ばかりとは限らず、中には状況に応じ必要なだけ力を出して後は他の方に委ねる事が出来る奇特な御仁もおられます。そういう方は自身だけでなく、他の使い方も上手に裁いてしまう手腕の持ち主で決して余計な手間は取らせません。ですから本当はそういう方に船頭をお願いすれば無難に船は水に浮かんでいる事でしょう。真のリーダーとは決して周りに不評を買わず、むしろ皆をその気にさせて物事を上手に動かす、まさに腕の良い船頭の様な人をいうのです。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん