背を向ける

【漢字】背を向ける
【読み】せをむける
【意味】無関心な態度を取る。相手にしない。
【例文1】横着な彼に背を向ける。
【例文2】くだらない話に背を向ける。
【例文3】儲け話には背を向ける。

背を向けるをテーマにした記事

背を向けるという言葉の根っこにあるもの

嫌なことを体験してしまうと、つい背を向けたくなるのが人間です。辛いことがあって後ろ向きになってしまうことだってあるでしょう。背を向けること自体は悪いことではないと思います。どんな人でも背を向けて現実から逃げたくなるような瞬間を、一度は経験しているのではないでしょうか。とはいえ無理に前向きになろうとするのは逆効果です。なぜなら自分の嫌な感情を無理やり押さえつけるため、それがストレスになってしまうからです。ですので仮に嫌な感情が芽生えたとしても、それも自分の感情だと思って受け止めてみる方が楽ですよ。良い感情も悪い感情も自分が生み出した子どもだと考えてみたら、そのうち愛着が湧くかもしれませんから。

ところでこの『背を向ける』という言葉ですが、「気持ちが後ろ向きになる」という意味もあれば「相手に対して無関心な態度をとる」といった意味もあります。なんとなく意味が似ているようで似ていないような感じがしますが、共通しているのは『現実にある事象から目を逸らしている』ということです。もしかすると『背を向ける』という言葉の根っこには『現実にある事象から目を逸らしている』というものがあって、そこから「気持ちが後ろ向きになる」という意味や「相手に対して無関心な態度をとる」といった意味が『生まれたのかもしれません。同じ言葉で異なる意味を持っていたとしても、きっと言葉の根っこにあるものは同じなのではないでしょうか。言葉とは不思議ですね。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん