「吹けば飛ぶよう」とは、非常に弱々しく、ちょっとした風でも吹き飛ばされそうな様子を表す。

「吹けば飛ぶよう」とは、非常に弱々しく、ちょっとした風でも吹き飛ばされそうな様子を表す。

意味:

  • 非常に弱々しく、ちょっとした風でも吹き飛ばされそうな様子を表す。
  • か弱い、頼りない様子を表す。
  • 儚く、すぐに消えてしまいそうな様子を表す。

語源:

  • 軽いものが風に吹かれて簡単に飛んでしまうことから、この表現が生まれました。

類義語:

  • 弱々しい
  • か弱い
  • 頼りない
  • 儚い
  • 脆い

対義語:

  • 強い
  • 丈夫
  • しっかりしている
  • 永続的な
  • 安定した

例文:

  • 病み上がりの彼は、吹けば飛ぶような姿だった。
  • 幼い子供は、吹けば飛ぶような存在だ。
  • 夢のような時間は、吹けば飛ぶように過ぎていく。

補足:

「吹けば飛ぶよう」は、主に人の様子や物事の状態を表すのに使われます。

  • 人の体格や健康状態が弱々しい場合
  • 物質的なものが壊れやすく、儚い場合
  • 精神的なものが不安定で、すぐに消えてしまいそうな場合

などに、この表現が使われます。

参考URL:
吹けば飛ぶよう(ふけばとぶよう)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書