迷わんよりは問え

【漢字】迷わんよりは問え
【読み】まよわんよりはとえ
【意味】
【例文】

迷わんよりは問えをテーマにした記事

「迷わんよりは問え」の意識は仕事において大切

「迷わんよりは問え」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
この言葉は、そのままではありますが、「自分一人であれこれ思い悩むよりは、周りの人に聞いた方が良い」という意味です。

社会において、この考えは広く浸透しているように感じます。
聞くは一時の恥、という言葉も似ていますが、自分一人では解決策が見出だせなくても、案外周りに聞くと自分の中にはなかった考えを得られるものです。
こうした習慣が身に付けば、仕事のクオリティーも上がるだけではなく、効率アップして無駄な時間をかけなくて済みますよね。

しかし、今はこうしたことができない若者が増えてきています。
理由は色々ありますが、単に聞くのが面倒、聞いたら怒られそうで怖い、そもそも誰かに相談するという概念がない、というのが主な意見のようです。

かくいう私もあまり人に聞く、ということが出来ない人間でした。
今さらこんなこと聞いたら怒られるんじゃないか、呆れられるんじゃないかと思ったら、なかなかその一言を発することが出来なかったのです。
結果、失敗してより怒られる、という本末転倒な結末が多かったのは恥ずかしい話です。

今でも新入社員が同じような行動をしていると、昔の自分を見ているようで心が痛くなります。
まさに「迷わんよりは問え」と叫びたくなりました。

」で始まる言葉一覧

2541.迷わんよりは問え 1436.眉をひそめる 1462.眉を開く 1486.丸い卵も切りようで四角 1510.丸くおさめる 1681.満を持す 1597.満場一致 1555.真綿で首を絞める 1410.眉に唾を付ける 1576.満更でもない 1639.満身創痍 1660.満面朱を注ぐ 1618.まんじりともしない 1533.丸裸になる 1356.真に受ける 1299.学びて思わざれば則ち罔し 1209.俎板に載せる 1269.まなじりを決する 1383.目の当たりにする 1328.学びて時に之を習う、また説ばしからずや 1116.待てば海路の日和あり 1148.的を射る 1179.的を絞る 917.股に掛ける 1018.末期の水 985.待ちに待った 1051.末席を汚す 1084.待てど暮らせど 951.待たれる身より待つ身はつらい 810.勝るとも劣らない 698.馬子にも衣装 737.まさかの時 621.負けず劣らず 659.負けるが勝ち 774.摩擦を生じる 882.またとない 846.間尺に合わない 459.枕を高くして寝る 206.まかぬ種は生えぬ 250.間が持てない 582.幕を閉じる 293.曲がりなりにも 542.幕を切って落とす 336.間が悪い 501.幕を開ける 376.巻き添えを食う 419.紛れもない 162.間が抜ける 74.間がいい 30.枚挙に暇がない 118.魔が差す