書き入れ時

【漢字】書き入れ時
【読み】かきいれどき
【意味】商売がうまくいくと帳簿に書き入れることが多くなることから、商売が繁盛して利益が上がる時期をいう。
【例文1】ケーキ屋はクリスマスシーズンの12月が書き入れ時。
【例文2】年末年始は書き入れ時で休みなし。
【例文3】GWが書き入れ時。

書き入れ時をテーマにした記事

「書き入れ時」であって「掻き入れ時」ではないそうです。

これから年末年始にむけて書き入れ時というところも多いのではないでしょうか?時期によっては休みなしの商売をされているところもあるでしょう。
書き入れる対象が帳簿であるということを知れば、珍妙な間違いはしないで済みそうです。
商売が好調で帳簿にバンバン書き入れる状況を思い浮かべればよいでしょう。
商売が繁盛していて忙しいことを「書き入れ時」と表現するのですが、間違った表記の「掻き入れ時」だと金銭を浅ましく掻き集めるイメージです。
どう考えても「掻き入れ時」よりも「書き入れ時」のほうがマシな印象なので、間違った表記を広めないように心がけたいものです。
帳簿無しのドンブリ勘定ならば、それこそ書き入れるではなく掻き入れるという表現がまさにピッタリです。
ただし儲けが大きければ大きいほど税務署さんとの関係も深くなるので、やはり帳簿に書き入れは必要となるでしょう。

書き入れ時、それとも掻き入れ時?

毎年夏になると、飲料業界や各飲料メーカーは清涼飲料水をはじめとした夏の暑さから来る喉の渇きを癒す飲み物の売り上げが伸びます。時々冷夏にあったてしまう年があり、飲料業界、飲料メーカーの売り上げが伸びないこともあります。しかし、夏は年間で最大の飲料の書き入れ時ですよね。

この書き入れ時という言葉はよく、商売が繁盛したりして、最も売り上げ、利益が上がる時という意味でビジネス用語として良く使われることがありますね。この書き入れ時という言葉の意味は知っている人が多いと思いますが、書き入れ時の言葉の由来を知っている人は少ないのではないでしょうか。

この書き入れ時の言葉の由来は、商売が繁盛したり、売れ行きがすこぶる良い時には、取引数字をはじめとした色々な事を帳簿に書き入れることが多くなることから、書き入れ時という言葉が生まれました。書き入れ時という言葉の類義語として、繁盛期(はんじょうき)や繁忙期(はんぼうき)等があります。

書き入れ時の誤表記として、書き入れ時を掻き入れ時と表記されていることがありますが、この掻き入れ時は誤表記として有名です。

しかし、掻き入れ時の由来を知っていれば、帳簿に記入する書き入れから書き入れ時と表記する方が正しいことがわかりますよね。

アパレルショップは今が書き入れ時

夏も真っ盛りになり、海水浴や花火大会といったイベントも増えてきましたね。家族やカップルで楽しめるイベントが、夏には多いように感じます。そこで今、アパレルショップはお客さんの書き入れ時だと考えられます。

なぜなら当たり前ではありますが、外出するには服が必要だからですね。それも夏は海水浴や花火といった、普段の生活とは一味違ったイベントが目白押しです。ですのでたとえば、普段は水着や浴衣を売っていないアパレルショップであっても、そうした夏特有の衣類を売ることで、より利益を上げられることでしょう。実際に街中のアパレルショップを見てみると、日頃は普段着しか売っていないお店でも、浴衣や水着を売っているお店がよく見受けられます。水着は売っていなくても、浴衣なら売っているというお店が多いですね。また8月はセールが多いために買い手側としても、これを機に買いたかった服を買うのも良いのではないでしょうか。

このように夏は、アパレルショップにとって書き入れ時だと言えるでしょう。セールを行うことでたくさん服が売れたり、たとえセールが無いとしても水着や浴衣で利益を上げることができます。それに比例して店員さんは大変だとは思いますが、この書き入れ時がまたアパレル業界を支えていっているのではないでしょうか。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの