股に掛ける

【漢字】股に掛ける
【読み】またにかける
【意味】世界各地を巡ることで、商売や活躍が広範囲に渡っているという意味。
【例文1】世界を股に掛けて活躍した選手。
【例文2】世界を股に掛ける職業に就く。
【例文3】ネットの普及で世界を股に掛ける。

股に掛けるをテーマにした記事

股に掛ける範囲と許容される表現についての考察

世界を股に掛ける、七つの海を股に掛けるは言い回しとしても結構よく聞く機会があります。
七つの海は、南北のそれぞれの太平洋・大西洋と北極海南極海・インド洋で合計7つですが、北極海南極海までわざわざ行く人がいるでしょうか。
調べてみたところ時代によって七つの海は定義が異なるようで、中世のヨーロッパでは大西洋・地中海・黒海カスピ海・紅海・ペルシャ湾・インド洋で七つの海だったそうです。
ここで疑問ですが、広く各地を移動することを「股に掛ける」と表現するわけですが、どの程度の範囲というか広さがあれば使える表現なのでしょう。
範囲を少しずつ狭めていけば何となく分りそうなのでやってみます。
「日本全国を股に掛けて商いをする」
これは世界規模から比べるとかなり狭く感じられますが、日本語しか話せない私からすれば移動できる全ての範囲を意味するくらいですから十分に許容範囲です。
「関東一円を股に掛けて」
さらに範囲を絞ってみましたが、居住人口や経済規模から考えると十分な広さといえるでしょう。
秋田県全域を股に掛けて」または「秋田市全域を股に掛けて」
さすがに怪しくなってきましたが、移動手段などを考えれば結構な広さ言えなくもないという言い訳は通りそうです。
「町内を股に掛けて」
無理がありすぎて、うまい言い訳も思いつきませんでした。
一般的な個人が大した気概もなく股に駆ける(意図的な誤表記です)ができるならば、それは「股に掛ける」とは表現できないということがとりあえず判明しました。

」で始まる言葉一覧

2541.迷わんよりは問え 1436.眉をひそめる 1462.眉を開く 1486.丸い卵も切りようで四角 1510.丸くおさめる 1681.満を持す 1597.満場一致 1555.真綿で首を絞める 1410.眉に唾を付ける 1576.満更でもない 1639.満身創痍 1660.満面朱を注ぐ 1618.まんじりともしない 1533.丸裸になる 1356.真に受ける 1299.学びて思わざれば則ち罔し 1209.俎板に載せる 1269.まなじりを決する 1383.目の当たりにする 1328.学びて時に之を習う、また説ばしからずや 1116.待てば海路の日和あり 1148.的を射る 1179.的を絞る 917.股に掛ける 1018.末期の水 985.待ちに待った 1051.末席を汚す 1084.待てど暮らせど 951.待たれる身より待つ身はつらい 810.勝るとも劣らない 698.馬子にも衣装 737.まさかの時 621.負けず劣らず 659.負けるが勝ち 774.摩擦を生じる 882.またとない 846.間尺に合わない 459.枕を高くして寝る 206.まかぬ種は生えぬ 250.間が持てない 582.幕を閉じる 293.曲がりなりにも 542.幕を切って落とす 336.間が悪い 501.幕を開ける 376.巻き添えを食う 419.紛れもない 162.間が抜ける 74.間がいい 30.枚挙に暇がない 118.魔が差す