金の切れ目が縁の切れ目

【漢字】金の切れ目が縁の切れ目
【読み】かねのきれめがえんのきれめ
【意味】交友関係がなくなる。金がある時はみんな寄ってちやほやされるが、金がなくなると誰も寄り付かなくなるという意味。
【例文1】プレゼントの回数が段々減って、しまいにはなくなった。金の切れ目が縁の切れ目だ。
【例文2】お金がなくなると連絡も途絶えて金の切れ目が縁の切れ目だ。

金の切れ目が縁の切れ目をテーマにした記事

女性とは金の切れ目が縁の切れ目となることが多いです

容姿に自信のない私は、これまで数えるほどの女性としか交際できていません。
それも長続きせず、いつも短期間で交際が終わってしまうのです。
女性との交際が終わる原因としては、ズバリ金の切れ目が縁の切れ目となるケースがほとんどです。
容姿の良くない私は、女性をつなぎとめる手段として、お金を使うほかありません。
女性に好意を持ってもらう為にもお金を使い、その女性の心をつなぎとめる為にも、お金を使っているのです。
最近気になる女性に出会いました。友達になりたくて少し見栄を張った話しをしました。それからが大変です。かけもちのバイトができることろでお金を稼いでは意中の彼女に貢ぎます。喜ぶ顔はこちらも嬉しく思います。食事をしてプレゼントをしての繰り返しです。いつの頃かそういえばそういう男性を貢ぐクンということが流行りましたね。今では死語ですが、、笑笑
生活もきつく真実を話してしまいたいところではありますが、また金の切れ目が縁の切れ目になる事は間違いないだろう。