最期を遂げる

【漢字】最期を遂げる
【読み】さいごをとげる
【意味】死ぬ時を迎える。
【例文1】独り身で孤独な最期を遂げる。
【例文2】孫やひ孫達に看取られ最期を遂げる。
【例文3】眠るように最期を遂げる。

最期を遂げるをテーマにした記事

健康が取り柄の父が肺がんで最期を遂げました

私の父は言葉数は少なかったのですが、私の事をとてもかわいがってくれました。
父はバイクで会社まで通勤していたのですが、休みになるとバイクに私を乗せてくれ、色々な所に連れて行ってくれたのです。
また父は毎日快活に行動をしていました。
仕事もほとんど休んだ事がありませんし、休日になると早朝に起き出し、ひとりで散歩に行っていました。
風邪もひかず、疲れたと言う言葉も聞いた事がなく、とにかく疲れや病気には無縁の人でした。
ところが50代となった父が、「最近疲れてしょうがない」と言うようになりました。
これまで病気という病気をしなかった父ですから、私たち家族は単純に年のせいだと思っていました。
しかしこの後、急激に父の体調が崩れ始め、病院で診てもらいました。
それで入院して、母がお医者さんに呼ばれて、父が肺がんだという事を告げられました。
確かに父はタバコを吸っていましたから、肺がんになっても不思議ではありません。
咳をしたり痰を吐いたりしていましたから、肺がんの兆候があったと言えばありました。
半年ほど闘病生活を続け、病院のベッドの上で最期を遂げました。
50代という若さで最期を遂げた余りにも早い父の最期をしばらく受け入れる事が出来ませんでした。 

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず