猿知恵

【漢字】猿知恵
【読み】さるぢえ
【意味】何かたくらみがある知恵。
【例文1】道に財布が落ちていた。お礼をもらえるのではないかと猿知恵を働かせて落とし主に連絡をする。
【例文2】猿知恵がばれて失敗に終わる。
【例文3】猿知恵だけは案が浮かぶ。

猿知恵をテーマにした記事

浅はかな猿知恵のせいで、かえって怒られるわが子。

猿知恵。気がきいているようで、実はあさはかな知恵。こざかしい知恵。(出典:デジタル大辞泉
猿は動物の中では人間に近いと言われるほど賢いことで知られていますが、それでも人間には遠く及ばないことから、この言葉が生まれたようです。
最近、わが子に対してそれは猿知恵だと思うことが多々あります。
子どもは、自分が怒られたくないあまり、保身のために嘘をついたりわからないふりをしたりするのです。
親からするとその嘘やわからないふりがバレバレのため、余計に怒ってしまいます。
幼稚園の頃はそんな知恵を働かせることはありませんでした。嘘はつけず、ある意味素直に怒られていました。
小学生になってからでしょうか、明らかに自分の行いのせいで下の子が泣いてしまった時に、私が怒ると、「え?なになに?」と首をかしげるのです。
「なんで下の子が泣いてしまったのか、私にはまるで検討がつきません、わかりません」というポーズを作っているのです。
本当は、自分の行いが原因なのはわかっているのです。でも、それを認めてしまうと私に怒られる。
なので、「え?なになに?」と首をかしげる演技をするのです。
低学年の猿知恵に騙される母ではありません。そのわざとらしいセリフと首のかしげ方がますます私の逆鱗に触れ、結局お説教はますます長くなってしまいます。 
素直に悪いことを認めて謝ったほうが怒られなくて済むのに、なんと浅はかなんでしょう!

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず