三拍子揃う

【漢字】三拍子揃う
【読み】さんびょうしそろう
【意味】必要な三つの条件がすべて揃っている。
【例文1】彼女は誰もが羨む頭・顔・スタイルと三拍子揃っている。
【例文2】彼はイケメンだけでなく性格や良家と三拍子揃う。
【例文3】性格・家柄・品格と三拍子揃う。

三拍子揃うをテーマにした記事

長嶋茂雄選手を称して「三拍子揃う名選手」と言った父

「三拍子揃う」という言い方を私が初めて耳にしたのは、子どもの頃。野球のジャイアンツファンだった父が、長嶋茂雄選手のことをこうほめているのを聞いたのです。
「打ってよし、守ってよし、走ってよし。こんなに三拍子揃う名選手もめずらしい」
当時のジャイアンツの四番バッター長嶋選手は、確かに強打者であると同時に、名三塁手でもあり、また走力も優れていました。たとえば、王選手は最強のバッターであり、名一塁手ではあったものの、走るのは速くありませんでしたから、「走ってよし」とは言えません。
今、これを書いていてふと思ったのは、今のイチロー選手はまさに典型的な三拍子揃う名選手だということです。
私は歌舞伎が好きなのですが、歌舞伎役者の三拍子は「声、顔、姿」の三つ。市川海老蔵さんなど、「声が良くて美貌で姿もすてきな三拍子揃った役者」と言っていいでしょう。
ところで、「飲む、打つ、買うの三拍子揃ったダメ亭主」というように悪い意味で使われることもあります。しかし、それはどうやら江戸時代の後期からのことで、もともとはやはり良い意味で使われる言葉だったようです。
語源は能楽お能の囃子で使う三つの楽器の拍子がぴたりと合うことを「三拍子揃う」と言ったのだとか。異なる楽器の拍子が揃えば美しい音楽になりますから、「三拍子揃う」はポジティブな意味で使われていたわけですね。