三度目の正直

【漢字】三度目の正直
【読み】さんどめのしょうじき
【意味】一度や二度は当たらないが、三度目はうまくいくだろうと期待する。
【例文1】猛アタックの末、三度目の正直で告白が成功した。
【例文2】この試験が三度目の正直だ。
【例文3】次こそが三度目の正直だ。

三度目の正直をテーマにした記事

プラス思考な三度目の正直

今でもそうですが、今度こそうまくいって欲しいと願う時、三度目の正直を望みながら心の奥底では二度あることは三度あるかも…と不安になったりします。
三度目の正直と、二度あることは三度あるは正反対の諺ですが、双方共に引き合いに出されることが多い気がします。

子どもの頃、この諺を習った時に両方とも同じように数字が入っているのに、片や否定的で真逆な意味であることに面白さを感じていました。
この諺が出来た背景にはプラス思考の人が考えた三度目の正直という諺に対して、ひねくれ物のマイナス思考の人が反発して作ったのが、二度あることは三度あるかもしれないと、大人になった今では思います。

いずれにしろ何でもありの諺の世界は自由で楽しいものです。

しかし私はどんな時でも、三度目の正直の方を信じて生きていきたいです。少々難しいですが。
一度や二度ダメでも三度目には夢が叶うと信じて生きる方が、心の中にプラスのエネルギーがどんどん貯まると思うのです。
その方が結果がどうであれ幸せの時間は長いです。
もしダメだった時でも、四度目の正直などと勝手な諺を作り自分を励ますことも出来ます。

 

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず