「敬して遠ざける」は、尊敬の気持ちから、親しく付き合わないことを表す日本語の慣用句

「敬して遠ざける」は、尊敬の気持ちから、親しく付き合わないことを表す日本語の慣用句です。

意味:

  • 相手の存在や能力を高く評価しているが、親しく付き合うと自分の立場や名誉が損なわれる可能性があるため、あえて距離を置く。
  • 相手の尊さを理解し、畏敬の念を持って接する。
  • 距離を置くことで、相手への尊敬の気持ちを保つ。

例:

  • 彼は偉大な人物なので、私は敬して遠ざけている。
  • 彼女は高貴な生まれなので、私たちは敬して遠ざけている。
  • 神聖な場所は、敬して遠ざけるべきである。

類義語:

  • 畏敬
  • 崇拝
  • 遠慮
  • 距離を置く
  • 近寄りがたい

対義語:

  • 親密
  • 友情
  • 愛情
  • 親近感
  • 馴れ馴れしい

補足:

  • 「敬して遠ざける」は、必ずしもネガティブな意味合いを持つ言葉ではありません。相手への深い尊敬の気持ちを表す場合もあります。
  • ただし、場合によっては、相手を遠ざけることで、誤解を生む可能性もありますので、使用には注意が必要です。

例文:

  • 彼は偉大な人物なので、私は敬して遠ざけている。
  • 彼女は高貴な生まれなので、私たちは敬して遠ざけている。
  • 神聖な場所は、敬して遠ざけるべきである。

「敬して遠ざける」と「畏敬」の違い

「敬して遠ざける」と「畏敬」は、どちらも相手への尊敬の気持ちを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 敬して遠ざける: 親しく付き合わないことで、尊敬の気持ちを保つ。
  • 畏敬: 相手の存在や能力に深い敬意を抱く。

例えば、相手を身近に感じることで尊敬の気持ちが薄れてしまう可能性がある場合、「敬して遠ざける」という表現が適切です。一方、相手の存在や能力に圧倒されて深い敬意を抱く場合は、「畏敬」という表現が適切です。

「敬して遠ざける」と「崇拝」の違い

「敬して遠ざける」と「崇拝」は、どちらも相手への尊敬の気持ちを表す言葉ですが、以下のような違いがあります。

  • 敬して遠ざける: 親しく付き合わないことで、尊敬の気持ちを保つ。
  • 崇拝: 相手を神のように尊敬し、熱烈に慕う。

例えば、相手を身近に感じることで尊敬の気持ちが薄れてしまう可能性がある場合、「敬して遠ざける」という表現が適切です。一方、相手を神のように尊敬し、熱烈に慕う場合は、「崇拝」という表現が適切です。

参考URL:
敬して遠ざける(けいしてとおざける)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書