弘法にも筆の誤り

【漢字】弘法にも筆の誤り
【読み】こうぼうにもふでのあやまり
【意味】どんな名人でも間違えることはある。自分よりも目上の人が失敗して慰める時に使う。
【例文1】大女優でも弘法にも筆の誤りで、台詞を間違える事だってある。
【例文2】体育教師でも弘法にも筆の誤りで陸上選手には勝てないよ。
【例文3】現役選手には弘法にも筆の誤りでOBも敵わない。

弘法にも筆の誤りをテーマにした記事

「弘法にも筆の誤り」の弘法大師の井戸

「弘法にも筆の誤り」とは、「学問や芸事に秀でたものも、時には誤りがあるということ」の例えです。「猿も木から落ちる」も同じ意味の言葉です。弘法大師空海の諱です。空海は讃岐に生まれました。平安時代初期の僧で真言宗の開祖でもあります。長安密教を学び2年後に帰国して、高野山金剛峯寺を建立しました。真言というのは大日如来の真実の言葉のことを指し、その呪法の伝授、習得により悟りを開くという教えですが、奥義が秘奥なことから密教と呼ばれています。また、真言宗では山奥に伽藍を置き、山中を修行の場としたことから、従来の山岳信仰を結びつき修験道の源流となりました。弘法大師は全国各地を布教のために回っておられたといわれ、各地に弘法大師の逸話が伝承されています。千葉県館山市にも旅の僧を手厚く迎えた農民が僧に「何か困ったことはないか」と聞かれ、「井戸が干上がって困ります」と答えたところ、持っていた杖を三回地面について、「ここを掘るように」言いました。その場所を掘るとコンコンと清水が湧き、どんな日照りの夏でも枯れることがないという「弘法の井戸」伝説があります。全国の弘法大師の逸話の中で一番多いのが、この「弘法の井戸」伝説だそうです。弘法大師は日本の三筆の一人ですから、「弘法にも筆の誤り」という言葉が生まれたのです。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし