甲乙付け難し

【漢字】甲乙付け難し
【読み】こうおつつけがたし
【意味】二つのものに大して差がなく、どちらが優れているかを決めるのが難しい。
【例文1】どちらの就職先に決めようか甲乙付け難し。
【例文2】二人とも背が高くてカッコよくて甲乙付け難し。
【例文3】どちらも日当たり良好で甲乙付け難し。

甲乙付け難しをテーマにした記事

甲乙付け難しの由来や意味とどちらが優れているのかについて

甲乙付け難しという言葉は一般的には物事などの優劣がつけにくい事を意味しています。この甲乙とは元々は古代中国で使われていた十干が由来になっていて、第一位である甲と第二位である乙が元になっています。
なのでどちらも一位に相応しい場合や実力が拮抗している時にはこの甲乙付け難しが使われていて、両者が近い状態にある事を意味しています。またこの甲乙という言葉は契約書などでも使われていて、一般的には甲の方が主導権を持っている様なニュアンスになっています。
例えば家を借りる時などには大家が甲になり借り手側は乙になるケースが多くなります。さらに企業間での取引などの場合には自社を乙として相手の企業を甲とする事が多くなりますが、実際には甲乙に明確な決まりはないとされています。
しかし、十干では第一位が甲であり第二位が乙になりますので、甲の方が優先順位が高いとされています。そして昔は日本でも成績に甲乙を使っていた時代があり、その時には最も良い成績には甲がつけられ次に優れている物には乙がつけられていました。
厳密に言えば甲乙付け難しとは、元々明確な基準がない物に対して順位をつけると言うやや特殊な言葉であると言えます。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし