三年飛ばず鳴かず

【漢字】三年飛ばず鳴かず
【読み】さんねんとばずなかず
【意味】実力を発揮する機会をじっと待っている様子。
【例文1】芸人が三年飛ばず鳴かずの下積み生活を送る。
【例文2】レギュラーを目指すが、三年飛ばず鳴かず。
【例文3】昇進を狙うが、三年飛ばず鳴かず。

三年飛ばず鳴かずをテーマにした記事

三年飛ばず鳴かずの高校生

三年飛ばず鳴かずとは今一つ結果を出せない事をいいます。単に結果を出せないだけではなくて本来は出来る能力があるにも関わらず結果を出さないという意味を持っている諺です。本来実力があるのに中々結果につながらないのは本当に辛いものがあります。特に自分の一生を左右するかもしれない受検、試験で結果を残せないとかなり辛いと思います。しかしどうしても本番に強いタイプと弱いタイプがあります。
私自身も学生時代に経験があります。いつも授業を真面目に受けて、勉強もテスト前だけではなく毎日コンスタントにやっていました。でもいざテスト本番となるとすごくプレッシャーを感じてしまって、そこで何か分からない問題があると頭が真っ白になってそこから平常心で問題を解けなくなってしまうのです。高校三年間そのメンタルの弱さはそのままで、まさに勉強に関しては三年飛ばず鳴かずの成績でした。周りにはテスト前だけに人のノートをコピーして一夜漬けで勉強するだけで要領よくいい成績を取る人がたくさんいました。その時は何だか面白くない気持ちでいっぱいでした。でも高校時代に一生懸命勉強して自分の好きな分野を見つけることが出来たおかげで大人になっても興味のある分野の勉強をすることが出来ています。三年飛ばず鳴かずでも一生懸命やっていれば良いこともあるのだと思います。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず