影が薄い

【漢字】影が薄い
【読み】かげがうすい
【意味】存在感がない。
【例文1】そんな人いたっけ?影が薄いから顔すら出てこない。
【例文2】彼はいつも一人で影が薄い。
【例文3】君、影が薄いね。

影が薄いをテーマにした記事

影が薄い女の子

影が薄いとは存在感がないという意味です。
いますよね、クラスに一人は影が薄い子。
私のクラスにも無口でおとなしい女の子が一人いました。休み時間は漫画ばかり描いているようでした。かわいそうだなと思って仲良くしようと給食時間になって声をかけました。いつもぼそぼそと返事が返ってくるくらいで次第に声をかけることもなくなりました。

中学生になっても休み時間は机に座って本を読むか相変わらずマンガを描いていました。高校は美術系の学校に進学したと風のうわさで聞きました。私は高校を卒業してアパレル関係に就きました。毎日遅くまで立ち仕事で接客にも疲れて風邪が2日続きました。なかなか咳が止まらないので、早番の時を狙って近くの病院を受診しました。待合室の時に週刊誌を見ました。地元紙でしたが、そこには小さな漫画のイラストの下に小・中学校と無口で漫画ばかり描いているクラスメイトの名前がかいてありじゃありませんか!私は早速写メをしてグループラインで送りました。みんなはそんな影が薄いなんて名前すら覚えていないと言っていましたが、私のいとこと同じ名前だったので私ははっきり覚えています。まああの時から漫画ばかり描いていたから夢が叶ったのかもしれませんね。

影が薄い

影が薄いとは人の特徴として、いるかいないかわからない、存在感がない、目立たない、実在感がない。ととてもネガティブな印象の言葉です。影が薄い人は主張をしない、文句を言わない、干渉しない関わらないととても空気のような存在であり、人畜無害のような人のようです。これだけ見ると印象は悪くないのに、影が薄いと言われると何となく価値がない人のような印象を受けてしまいます。おかしいのは日本社会は団体生活の秩序で成り立っていて、企業で働く多くは一方方向性で黙々と仕事をする人間が便利なのではないでしょうか?つまり”影の薄い”人たちが重宝する社会であることは一目瞭然です。それなのにどうして影が薄いことはマイナスのイメージがあるように表現されるのでしょう。今の年功序列の制度の企業や、横並びで団体生活が出来ることが健全な社会人であると認識されるような受け身の社会で、今までこの日本を支えてきた多くはこの”影の薄い”人たちなのです。これも日本の文化が言語に象徴されると同様、とても曖昧で、グレーなことをまさに証明するかのような言葉だと感じます。言語や表現は人の行動、志向性に大きく影響を与えます。日本語がもつ曖昧さがなくなれば日本も多くの諸外国に肩を並べる国際社会になるでしょう。

「影が薄い」という悪い意味で心に刺さる言葉

「影が薄いからじゃないの」とある女子から言われた今でも悪い意味で心に突き刺さったフレーズを今でも覚えています。このフレーズは、大学在学していた5年前に、授業が一緒の女子に言われた言葉です。一年生の時に必修の授業でお世話になった教授のゼミを希望し、そのゼミの選考を受けた後、選考の結果を大学の学部の掲示板に見に行った時、私以外のその必修の授業を受けていた学生の大半が受かっていて、選考の結果に不服な態度を取っていたら、英語の授業と希望していたゼミの教授の必修の授業が一緒の女子の一人に言われたのがこのフレーズです。女子から言われた時は、選考に落ちたショックと自分に対する他人からあまり良いと思われていない印象を直に聞かされたことで、ゼミの結果に対する不服な思いが消えてしまい、その場で黙ってしまった思い出があります。「うるさい」とか「うざい」とかいうあまり喜ばしくない他人の評価より、「影が薄い」という他人からあまり何とも思われていない、意識されていない他人からの悪い評価の方が切れ味が鋭いと思います。この女子から何気なく言われたフレーズは、大学を卒業してから5年経っても忘れられない嫌な思い出となっています。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの