腕が上がる

【漢字】腕が上がる
【読み】うでがあがる
【意味】技術が上達すること。
【例文】彼女の料理の腕が上がる。

腕が上がるをテーマにした記事

知らない間に腕が上がる

先日自宅近くに、色々なスポーツが出来る複合施設がオープンして、オープン記念で割引があるというので、小学6年の娘を連れてバトミントンをやりに行きました。
子供とバトミントンをしたのは、2年ぶりで当時打ち返すのがやっとだったという印象があり、最初は軽めに打っていました。
しかし、やたらと良いスマッシュを打ち返してくるので、真面目にやらないと打ち返せない状態でした。知らない間にバトミントンの腕が上がるには、何か理由があると思い子供に聞いてみました。
すると、学校のクラブ活動でバトミントンクラブに入り、上手な子に教えてもらっているとの事で、やっぱりそうかと思いました。
今迄は、子供とスポーツをする時、手を抜いて子供がやり易い事を意識してやっていましたが、腕を上げたので一緒に楽しめるようになり、楽しい時間を過ごせました。
オープンしたスポーツ施設には、リップスティックやスケボーなどもあって、平然と乗りこなす子供を見て成長を感じ、嬉しい気持ちになりました。
その反面、若い頃はスケボーを乗りこなしていた私ですが、身体と頭が連携されず思うように乗れなくて、老化を感じ少し複雑な気持ちになりました。
腕が上がる子供と、腕が落ちる私という感じだったので、日頃の運動は大切だなと思います。