教えの庭

【漢字】教えの庭
【読み】おしえのにわ
【意味】教育を学ぶ所。学校。
【例文1】教えの庭で学ぶ。
【例文2】教えの庭を主席で卒業する。
【例文3】母校の教えの庭を訪問する。

教えの庭をテーマにした記事

「教えの庭」ってどこでしょう

教えの庭は学問を教えるところ、学校、学園のことです。今、教えの庭という言葉に接するのは学校の卒業式で歌われる、「仰げば尊し」の歌詞くらいですね。庭というのは広い場所で、物事を行うところの意味です。つまり、昔は神事であっても戸外で火を焚き、お供え物をして、立礼(椅子に座ったりせず立ったままでお辞儀をする)で行っていました。神事も外ならば、学問も外で教えていました。いわゆる青空学級です。今でも発展途上国などでは、青空学級を開校し勉強を教えているのをテレビで見たりしますよね。日本の子どもたちが使い、小学校を卒業した後に役目を終えたランドセルが、途上国に寄付されて、鞄として使うだけでなく、青空の下で机替わりに使われているのを見たことがあります。日本のランドセルは形崩れがあまりせず、がっちりとしているので、ランドセルの平な蓋部分が机としても使えるのだそうです。青空学級は教えの庭の典型です。段々時代は進み、江戸時代になると藩ごとに藩校を設立し、藩士の子弟を教育していましたし、庶民は寺子屋などで学問をするようになり、戸外ではなく屋内で学問をするようになります。それでも「教えの庭」という言葉は残り、現代にいたります。

時代と共に変わろうとしている教えの庭

約10年前にゆとり教育が廃止され、ゆとり教育以前の詰め込み教育が再び始まりました。理由は明白で、ゆとり教育が始まってからの日本の子供たちの学力が、世界的に見て下がってしまったためです。そして再び始まった詰め込み教育では、当然ですが子供たちが受ける勉強の量が増え、教科書や参考書の量もゆとり教育の頃に比べると確実に増えました。曜日によっては、通学カバンに詰め込む教科書の量だけで7kg近くある場合もあるそうです。こんなに重い荷物を背負って学校に行く子供がいるのだと考えると、少しやりきれない気持ちになります。
しかし大変なのは子供たちだけではありません。授業で教えることが増えたため、無論先生たちの業務量も増えました。そのうえ部活動の顧問もするというのが、教育現場での暗黙の了解であるため、先生たちの労働時間もかなり増えているのが現状です。そのため現在では見直しも検討されており、たとえば部活動は学校外部から招いた非常勤コーチに見てもらうことで、先生たちは今まで部活動にあてていた時間を、翌日に行う授業の準備をする時間にあてがえるようになったという学校もあります。
このように学校は、教えの庭として生徒たちが勉学を学ぶ一方で、先生側の体制も変わろうとしています。そして少しずつでも先生たちに余裕が生まれれば、生徒たちともより良い関係を築くことができ、更に良い教育ができるのではないでしょうか。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え