傍(岡)目八目

【漢字】傍(岡)目八目
【読み】おかめはちもく
【意味】他人の囲碁を傍で見ていると、対局者よりも冷静に先手が読めるもので、当事者よりも第三者の方が、冷静に判断できる。
【例文1】バイク事故を起こした本人よりも、目撃者の証言が岡目八目である。
【例文2】あとになって友人の言う通りにすればよかったと岡目八目だ。
【例文3】空き巣に入られパニックになり、子どもの記憶の方が岡目八目だ。

傍(岡)目八目をテーマにした記事

「傍目八目」は将棋の対局でもあります

「傍目八目」は囲碁から出た言葉です。他人の囲碁を傍で見ていると、実際に対局しているときよりもずっと手が読めるということから、転じて局外にあって見ていると物事の是非、利益、不利益が明らかにわかることを指します。将棋の世界ではありますが、今回引退された、加藤一二三九段がもう少し若い時に編み出した、「ひふみんウオーク」が「傍目八目」に通じていると思われます。将棋の対局中に、次の一手が浮かばなくなった加藤一二三九段。そこで、相手の棋士が部屋から出ていかれ、自分だけになった時間を利用して、自分の席を外れ、相手の側へ回り込んで将棋盤を覗き込んだところ、自分の手のどこに弱点があるかや、相手の次の一手がわかったそうです。相手の手の内がわかれば、自分はそれに対処し、弱点を補う手を打てばいいのです。つまり相手の席側に回り込むことで、別の視点から棋譜を読むことができ、最上の一手に繋がったのです。そして、今、注目の藤井聡太四段が先日の手合わせで、相手が席を外し、部屋の中に自分一人になった時、この「ひふみんウオーク」をしている姿がテレビで公開されました。不正がないようにカメラが仕込まれていることは想像に難くありませんが、加藤一二三九段の前例がなければ、不穏な動きと見られたかもしれませんね。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え