亀の甲より年の功(劫)

【漢字】亀の甲より年の功(劫)
【読み】かめのこうよりとしのこう
【意味】亀は万年生きると言うけれど、亀の甲の価値より経験豊富な熟練者の言
   うことがためになる。
【例文】大卒の新人より主婦歴50年の経験と知恵は亀の甲より年の功だ。

亀の甲より年の功(劫)をテーマにした記事

亀の甲より年の功とは

「亀の甲より年の功(劫)」とは、年長者の知恵や経験は貴重なものなので尊重すべきだという意味です。このことわざの由来は昔から亀は万年生きると言われていて、それに比べ人間は80年程しかない人生だが、その年月で培った知恵や経験は何事にも代えがたいほど価値があるものだということからきています。本来は亀の甲より年の劫と書き、この劫はきわめて長い時間を意味します。亀の甲と年の劫の「こう」の同じ音の部分を語呂合わせにしています。
例文として「亀の甲より年の功と言うだけあって祖母の言うことはいつも正しい。」といった使い方をします。
私も祖母がいて生活の知恵をよく教えてもらっています。亀の甲より年の功と言うだけあり、祖母の教えはいつも感心させられることばかりです。歳をとると若い人間より能力も低くなりはしますが、その歳月で得た経験や知恵はやはり素晴らしいものばかりです。特に今のような何事にも便利な世の中になる前からの経験なので私たちでは思い浮かばないような知恵をたくさん持っています。これからも亀の甲より年の功と言うことわざがあるように年長者の意見や知恵はしっかり聞き、それを自分の知恵として次に繋げるように吸収していきたいと思います。